楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】リツイートの仕様変更、普通のリツイートができない時にRTする方法について

2020年10月21日現在、Twitterでリツイートの仕様変更が行われた影響により、利用ユーザーから「普通のリツイートができない」「引用リツイートになる」「RTできない」といった声が相次ぎ挙がっています。

一時的に引用RTを促す仕様に変更へ

Twitterは2020年10月21日に、アメリカ大統領選挙2020に伴い誤解を招く情報の拡散を防ぐ目的として、ツイートのリツイートボタンを押下した際に従来の引用リツイート画面が表示される仕様に変更しました。

今回の仕様変更は一時的な措置となっており、アメリカ大統領選挙2020終了後に従来のリツイートの仕様に戻る見込みです。

スポンサーリンク

仕様変更期間中に普通のリツイートをする方法について

リツイートの仕様変更期間中に「普通のリツイート」をする場合は、ツイートのリツイートボタンをタップし、引用リツイート画面でコメントを追加せずにリツイートをタップすると通常のリツイート(RT)をすることができます。

リツイートの仕様変更以外にも、ツイートの内容によってはRT時に警告が表示されたり、誤解を招く可能性のあるツイートのRT制限、警告ラベルが表示される等の施策も行われているようですが、アメリカ大統領選挙2020に関する最新情報(1次ソース)を収集していないのであれば特に影響は無いかと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top