楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

Dropboxのキャッシュを削除してiPhoneやAndroidの空き容量を増やす方法

iOS版Dropboxがバージョン38.3にアップデートされ、キャッシュファイルを削除することが出来る機能が追加されました。

Dropboxでは一度開いたファイルはキャッシュファイルとして一時保存され、2度目以降のデータ通信量の削減をすることが出来るものの、Dropboxの利用頻度が高い場合だと、キャッシュファイルが溜まりがちになってしまい、ストレージ容量の圧迫原因となっていました。

Android版Dropboxでは以前からキャッシュの削除が出来ましたが、ようやくiPhoneでもキャッシュを削除することが出来るようになったので、それぞれのOSでのキャッシュファイルの削除方法について解説します。

iPhoneでDropboxの使用容量を確認する方法

  1. 設定一般ストレージとiCloudの利用状況をタップ。
  2. ストレージセクションのストレージを管理Dropboxの順にタップすると、Dropboxの使用容量を確認することができます。

AndroidでDropboxの使用容量を確認する方法

  1. メニュー設定をタップ。
  2. ストレージアプリをタップ。
  3. DropboxをタップするとDropboxの使用容量を確認することが出来ます。
    ※ こちらの画面のキャッシュを削除からでもキャッシュのクリアが可能です。(Androidのみ)
スポンサーリンク

iPhone版Dropboxでキャッシュを削除する方法

  1. Dropboxアプリの最近設定Clear Cacheをタップ。
  2. 続けてClear Cacheをタップすると、キャッシュの削除が行われます。

Android版Dropboxでキャッシュを削除する方法

  1. 左上のメニュー設定をタップ。
  2. キャッシュを消去をタップすると、キャッシュの削除が行われます。

Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード
Google Playからダウンロード

コメント(承認制)

*

Return Top