楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【LINE】「150MBを超えています」の原因とWi-Fi無しのアップデート方法

スポンサーリンク

App Storeで、LINEの最新アップデート(バージョン8.19.0)がリリースされていますが、「”Appのサイズが150MBを超えています”と表示されWi-Fiが無いとできない」の声が挙がっています。

そこで今回はWi-Fi環境を用意することが難しい場合の対処法として、Wi-Fiを使わずにモバイルデータ通信で150MB以上のLINEアップデートを適用する方法を解説します。

LINEの150MB以上のアップデートは原則Wi-Fi環境が必要

LINEに限らず、サイズが150MB以上のアップデートを適用する場合、モバイルデータ通信ではアップデートできず、通常はWi-Fi環境が必要になります。

これはアップデートサイズを確認せずにアップデートを適用した場合でも、膨大なモバイルデータ通信量の発生を防ぐことができる重要な機能です。

しかし、ユーザー側にダウンロード可否の選択肢は用意されておらず、もしWi-Fi環境を用意することが難しい場合はフリーWi-Fiを利用するか、次の特殊な方法でアップデートを適用する必要があります。

Wi-Fi無しで150MB以上のLINEアップデート

※ 次の手順を進めると、アップデートサイズ分(150MB以上)のモバイルデータ通信が発生するため、残りの通信量が限られている場合は注意。

まずApp StoreでLINEアプリのアップデートをタップし、「Appのサイズが150MBを超えています」OKをタップ。その後ホーム画面に戻りLINEが“待機中”になっていることを確認してください。

スポンサーリンク

設定一般日付と時刻自動設定をオフにして、日時を未来に設定する。(筆者は3ヶ月先の変更して動作を確認)

ホーム画面に戻りLINEアプリのアップデートを確認し、完了後に設定一般日付と時刻自動設定オンに戻してください。

時刻の自動設定を変更できない場合

iOS12.1.1では、ファミリー共有で子の端末にスクリーンタイムを設定されている場合、日付と時刻の変更ができなくなる仕様になっています。詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事

【iPhone】iOS12.1.1でスクリーンタイムの時間制限を無視できる時刻の設定変更が対策

【iPhone】iOS12.1.1でスクリーンタイムの時間制限を無視できる時刻の設定変更が対策

日付と時刻の変更ができない不具合を検証する過程で判明した、ファミリー共有とスクリーンタイムの仕様変更を解説した記事です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top