楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Apple IDに「2ファクタ認証」を設定する方法

031_ios9.1
スポンサードリンク

今回はiPhoneやMacなどで使用する、Apple IDにセキュリティ機能「2ファクタ認証」を設定する方法について解説します。同じようなセキュリティ機能として”2ステップ確認”を耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、iOS 9の頃にで2ステップ確認は2ファクタ認証に刷新されています。

iPhoneで2ファクタ認証を設定する手順について

  1. 設定アプリを開き、上部のApple ID情報パスワードとセキュリティをタップ。
  2. 1_two-factor-20170518_up

  3. 2ファクタ認証を有効にする続けるの順にタップ。
  4. 2_two-factor-20170518_up

  5. 認証コードを受信することができる携帯電話番号を入力して次へをタップして、SMSで届く6桁のコードを入力する。
  6. 3_two-factor-20170518_up

  7. 最後にiPhone本体のパスコードを入力して2ファクタ認証の設定は完了です。場合によっては、続けて”Apple IDの確認”が求められるので設定をタップ。
  8. 4_two-factor-20170518_up

  9. Apple IDのパスワードを入力することで、2ファクタ認証の設定が完了します。2ファクタ認証設定後は、Apple ID情報パスワードとセキュリティを開くと、2ファクタ認証の項目がオンになっています。
  10. 5_two-factor-20170518_up

5分もあれば終わるような設定なので、時間の合間に是非お試しください。Apple IDのセキュリティをグッと向上させることができます。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top