SBAPP

【SMS】「【重要】お客様のイオン銀行口座の取引における重要な確認について。ご本人さまの確認が必要です。」詐欺の詳細と対処

2023年10月頃から、イオン銀行を騙る詐欺SMS「【重要】お客様のイオン銀行口座の取引における重要な確認について。ご本人さまの確認が必要です。」が出回っています。SMSにはフィッシング詐欺サイトに転送されるURLが記載されているため注意してください。

詐欺「【重要】お客様のイオン銀行口座の取引における重要な確認について。ご本人さまの確認が必要です。」が急増

2023年10月頃から、イオン銀行を騙る詐欺SMS「【重要】お客様のイオン銀行口座の取引における重要な確認について。ご本人さまの確認が必要です。」が出回っており、SNSなどで受信を報告する声が増えています。

SMSには、イオン銀行口座の本人確認が必要とする内容が記載されていますが、これはフィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした嘘(詐欺)であるため、SMS記載のURLリンク先にアクセスしないよう注意してください。

【重要】お客様のイオン銀行口座の取引における重要な確認について。ご本人さまの確認が必要です。https://●●●

イオン銀行、インターネットバンキングを装った詐欺サイトに注意

SMSに記載されているURLリンクを開いてしまうと、イオン銀行のインターネットバンキングを装ったフィッシング詐欺サイトに転送される場合があります。

フィッシング詐欺サイトでは、契約者IDやログインパスワード、生年月日、電話番号、キャッシュカードの暗証番号、合言葉(質問と答え)などの入力フォームが表示されますが、これらの情報を入力してしまうと、不正送金被害に遭う恐れがあるため注意してください。

イオン銀行は口座凍結を知らせるSMSやメールは送信していない

イオン銀行は、利用者に対してSMSやメールで銀行口座の利用停止等異常な取引、利用確認に関するお知らせ等を送信することは無く、必ず電話や文書で連絡するとしています。

もし「口座の凍結」「取引の制限」「取引の規制」「取引の本人確認」などと称して、URLリンク先でログインや本人確認を求めるメールやSMSが届いた場合は、詐欺の可能性が高いので注意してください。

イオン銀行からお客さまに対し、SMS(ショートメール)やメール・LINE等で、銀行口座のご利用停止等異常な取引・ご利用の確認に関するお知らせ等を送信することはございません。必ず電話や文書で連絡いたします。

引用:イオン銀行

契約者IDやパスワードを入力してしまった時の対処

フィッシング詐欺サイトで契約者IDやログインパスワードを入力してしまった場合は、イオン銀行コールセンターもしくはカードの紛失盗難専用ダイヤルに必ず連絡するようにしてください。

③パスワード等を入力してしまった場合

万が一、不審なサイト等でパスワード等を入力してしまった場合は、直ちにイオン銀行コールセンターまでご連絡ください。

インターネットバンキングの停止が必要な場合
(フィッシングサイトに契約者IDやパスワード等を入力された等)
カードの紛失・盗難専用ダイヤル

03-6832-1234(24時間受付 年中無休(通話料有料))

【全般的なお問合せ】イオン銀行コールセンター
フリーダイヤル0120-13-1089(9:00~18:00 年中無休)

引用:イオン銀行

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top