楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する個人制作アプリは審査落ちの傾向

AppleがApp Storeの審査に提出された個人制作の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するアプリは、すべて拒否(リジェクト)していることが明らかになりました。以下詳細です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する個人制作アプリは審査が通らず

CNBCによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するアプリを審査に提出したところ、審査で却下(審査落ち)したとの事例が4人の匿名デベロッパーから寄せられたのこと。

これらのアプリの中には、信頼できる情報源である世界保健機関(WHO)等を含む公的機関が一般公開しているデータ、ダッシュボードやライブマップを含むものもあったようです。

Four independent developers told CNBC that Apple rejected their apps, which would allow people to see stats about which countries have confirmed cases of the COVID-19 coronavirus. Some of these apps used public data from reliable sources like the World Health Organization (WHO) to create dashboards or live maps.

またある開発者は、Apple従業員から「コロナウイルスに関連するものは、公的医療機関や政府から公表されなければいけない」と案内され、また別の開発者はメールにて「医療情報を含むアプリは認定されている機関から提出する必要がある」との回答が届いたとのこと。

One developer said an Apple employee explained over the phone that anything related to the coronavirus must be released by an official health organization or government. Another developer got a written response that “apps with information about current medical information need to be submitted by a recognized institution,”

スポンサーリンク

関連アプリを開発したデベロッパーの審査落ち報告が続々

App Storeの審査に提出したアプリはApp Store Reviewガイドライン則り審査が行なわれますが、iDBは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するアプリはApp Store Reviewガイドライン 5.1.1に該当するとの見方を示しています。

(ix)規制の多い分野(バンキングや金融サービス、ヘルスケア、航空旅行など)でのサービスを提供するApp、ユーザーの秘密情報を必要とするAppは、個人のデベロッパではなく、そうしたサービスを提供する法人によって提出される必要があります。

引用:App Storeレビューガイドライン

またTwitterなどのSNSでは、公的機関が一般公開しているライブマップ(Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSEなど)を含む場合、App Store Reviewガイドライン 5.2.1を理由に否決となる事例、メタデータに新型コロナウイルスといったキーワードを含むと否決となった事例も報告されています。

5.2.1 全般:商標、著作権取得済みの作品、特許取得済みのアイデアなどの保護された他社製の素材をAppで許可なく使用することはできません。また、誤解を招く、虚偽の、または模倣の描写、名前、メタデータをAppバンドルやデベロッパ名に含めることは許可されません。Appは、知的財産権およびその他の関連する権利を所有する、またはそのライセンスを受けている個人または法人によって提出される必要があります。

引用:App Storeレビューガイドライン

App Storeにコロナウイルスに関連する個人制作アプリは並ばず

実際にApp Storeで「コロナウイルス」や「COVID-19」といったキーワードでアプリを検索しても、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の情報を提供するアプリの中に個人制作のものはなく、いずれも企業が開発〜公開しているものとなっていました。

※ “COVID-19″で検索するとヒットする、中国国内にある薬局のマスク在庫情報を提供するアプリは個人制作でしたが、こちらに関しては新型コロナウイルス感染症の情報を発信するものでは無いので審査を通ったものと思われます。

App Storeの検索結果

SNSなどでは多くのデマ情報が流れる中、App Storeでは情報源になり得るアプリが厳しく制限されているので、もし個人で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するアプリを制作している場合は、一般公開まで辿り着くのはやや厳しいかもしれません。

Source:CNBC via iDB

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top