SBAPP

【Amazon】「Amazon.co.jpの注文番号」詐欺メールの詳細、開いた時の対処について

2022年11月頃より、Amazonの商品お届けメールを装った詐欺「Amazon.co.jpの注文番号XXX-XXXXXXX-XXXXXXX」が出回っており、TwitterなどのSNSで受信を報告する声が増えています。

詐欺「Amazon.co.jpの注文番号XXX-XXXXXXX-XXXXXXX」が急増

2022年11月頃より、大手ショッピングサイトAmazonを騙るフィッシング詐欺メール、「Amazon.co.jpの注文番号XXX-XXXXXXX-XXXXXXX」が不特定多数のEメールアドレス宛に送信されています。

メール本文には配送状況を確認するURLリンクが添付されていますが、実際にはAmazonのアカウント情報の不正入手などを目的としたフィッシング詐欺サイトに繋がるためアクセスしないよう注意してください。

Amazon.co.jp
(メールアドレス)
商品を1つ本日お届け予定です。 直接のお渡し、もしくはポスト投函いたします。ご不在時には宅配ボックスにお届けする場合がございます。

配送業者: ヤマト運輸

固定電話(8時 – 21時) : 0120-01-9625 PHS・050IP電話: 050-3786-3333 携帯電話: 0570-200-000

お問い合わせ伝票番号: XXXXXXXX

配送状況

※ (メールアドレス)部分にはメールアドレスの他にも、偽名が入力されている場合があります。

Amazonのメールを悪用した詐欺、本名の記載有無の違い

Amazonで商品を購入した場合、お届け予定日に「Amazon.co.jpの注文番号XXX-XXXXXXX-XXXXXXX」といったメールが送信されており、出回っているAmazonを騙る詐欺メールはこちらのメールを悪用したものです。

Amazonから届く本物の「Amazon.co.jpの注文番号XXX-XXXXXXX-XXXXXXX」には、メール本文冒頭に「氏名様」といったように、Amazonアカウントに登録してある本名が記載されますが、詐欺メールにはメールアドレスや偽名が入力されている傾向がある為、こちらを見分けるポイントにすると良いかと思います。

また一番の対策としては、メール本文に記載されているURLリンクは開かずに、Google検索などからAmazon公式サイトに自力でアクセスし、注文履歴ページを確認することが一番の対策になります。

ただし、昨今はGoogle検索結果の最上位に「広告」としてフィッシング詐欺サイトが表示される事例が報告されているため、検索結果からAmazon公式サイトにアクセスする場合は、検索結果に「広告」のラベルが付与されていない検索候補からアクセスするようにしてください。

Amazonで注文履歴を確認する(Amazon公式サイト)

スポンサーリンク

Amazonアカウント情報、パスワードを入力した時の対処

Amazonを装ったフィッシング詐欺サイトでAmazonのアカウント情報を入力した場合は、以下の手順を参考にしてAmazonアカウントのパスワードを必ず変更してください。

  1. Amazon公式サイトを開く
  2. Amazonアカウントを入力してサインイン
  3. ページ右上の人の形をしたアイコン(本名さん)をタップ
  4. アカウントサービス横のすべてを表示をタップ
  5. 名前、Eメール、携帯番号、パスワードの管理をタップ
  6. パスワード欄の横にある編集をタップ
  7. 現在のパスワードと新しいパスワードを入力
  8. 変更を保存をタップ

不正な注文が行われていないか注文履歴を確認する

Amazonアカウントのパスワード変更後、注文履歴非表示にした注文に第三者により注文された商品が無いか確認し、身に覚えがない不正な注文がある場合は、Amazonの電話問い合わせフォーム(1)各種サービス(問い合わせ内容)セキュリティ、機能セキュリティ身に覚えない請求電話)から相談するようにしてください。

コメント(承認制)

*

Return Top