楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Facebookアプリがバッテリー消耗の原因?改善する為の2つの設定!

iPhoneでFacebookを利用されている方は多いのでは無いでしょうか?
「バッテリーが長持ちしない・・色々設定を見直したのに何故!?」なんて方は、もしかするとFacebookアプリが原因となっているかもしれません。
Facebookに関する設定を2つ見直すだけで、バッテリーの持ちが劇的にアップする可能性があります。

原因は?

元AppleのGenius BarメンバーのScottyさんが、iPhoneアプリの開発に使用するXcodeで使用できるツールの1つである、「Instruments」という解析ツールで調査したところ、Facebook公式アプリのプロセスが負荷を掛けている事を確認したとのことです。
「Appのバックグラウンド更新」と「位置情報サービス」の2つの設定をオフにしたところ、テストに使用していた端末iPhone5sのバッテリーの持ちが、12%から17%に上がったとの報告しています。

早速見直し!

早速原因とされている「Appのバックグラウンド更新」と「位置情報サービス」の設定を見なおしてみましょう。

スポンサーリンク

Appのバックグラウンド更新

設定 → 一般 → Appのバックグラウンド更新にあるFacebook公式アプリをオフにする

位置情報サービス

設定 → プライバシー → 位置情報サービス → Facebook公式アプリをオフにする

以上で設定完了です。

私の場合は..

案の定2つの設定がオンになっていました。
最近バッテリーが持たないなぁ・・と感じてはいたのですが、今回の設定でどれぐらい効果が出るか気になります。
是非皆さんもFacebook公式アプリの2つの設定を見なおしてみてくださいね。

参考:gori.me

Facebook
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top