SBAPP

【iPhone】iOS17で「接続済み」が繰り返し表示される原因の詳細と対処(AirDrop・NameDrop)

iOS17アップデート後、2台のiPhoneを近づけると画面上部に「接続済み」と表示され、写真などを転送できるAirDropや連絡先を交換できるNameDropを開始できますが、2台のiPhoneを並べて使用する時には「接続済み」の表示が邪魔になることがあります。

2台のiPhoneを近づけると「接続済み」と表示される

iOS17では、2台のiPhoneを近づけることで写真などを転送できるAirDrop、連絡先を交換できるNameDropを簡単に開始することができ、デバイス同士が接続されると「接続済み」といったメッセージが画面に表示されるようになりました。

iPhoneの上部を別のiPhoneの近くにかざすと、簡単にNameDropで番号を交換したり、写真を共有したりできます。

2台のiPhoneを並べて作業していると「接続済み」が繰り返し表示

iOS17にアップデートした2台のiPhoneを並べて操作をしていると、画面の上部に「接続済み」といったメッセージが表示されることがあります。メッセージは上にスワイプすると閉じることができますが、閉じた直後に再表示されてしまい、デバイス同士を離さない限りは延々と表示されます。

また、コントロールセンターから画面収録を実行すると、「接続済み」のアイコンが受話口部分(ダイナミックアイランド)にスタックされるようになり、メッセージが再表示されなくなります。ただ、常時画面録画をするのは非現実的なので、こちらの方法を使うことは無いと思います。

「デバイス同士を近づける」をオフにする

2台のiPhoneを操作中に「接続済み」が繰り返し表示されて邪魔な場合は、設定アプリからデバイス同士を近づけるをオフに変更し、iPhone同士を近づけてもAirDropとNameDropを開始しないよう制限することがおすすめです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. AirDropをタップ
  4. デバイス同士を近づけるをオフにする

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top