楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS15の新機能がWWDC2021で発表、新機能や対応機種の詳細について

2021年6月8日午前2時より開催された世界開発者会議(WWDC2021)の基調講演にて、今秋にも公開を予定している次期ソフトウェア・アップデート「iOS15」の新機能、変更点などが発表されました。

本記事では基調講演(Apple公式サイト)で発表された、iOS15に関する新機能や変更点をまとめてお伝えします。

FaceTimeに関する新機能や変更点

  • 空間オーディオ機能により通話参加者が側にいるかのような体験ができる、FaceTimeの画面に表示されている方角から声が聞こえてくる機能が追加
  • 通話中にマイクが拾った雑音を認識し、周囲の騒音を遮断して「声だけ」を届ける機能が追加(自由にオンオフ可能)
  • ビデオ通話参加者全員の顔(映像)がタイル形式で表示されるグリッドビューが追加
  • ビデオ通話がポートレートモードに対応
  • FaceTime通話に参加できるリンクを作成し、メッセージなどのアプリで共有できるFaceTimeリンク機能が追加
  • FaceTimeリンクで作成されたFaceTime通話(部屋)は、強力な暗号化が施された専用ウェブページから通話に参加することができ、Apple製品以外のデバイスでもFaceTime通話に参加が可能
  • FaceTime通話中にApple Musicの音楽を共有し一緒に聴く、映像ストリーミングアプリの映像を一緒に視聴する、iPhoneの画面を相手に届ける(画面共有)こと等ができるSharePlay機能が追加

共有された音楽や写真を見返しやすくなったメッセージアプリ

  • 写真をコラージュ(配置のデザイン)できる機能が追加
  • 大量に受信した写真をスワイプ操作で素早く切り替えられる機能、まとめてTapback(リアクション)をできる機能などが追加
  • 共有されたニュース記事がニュースアプリの上部に「友達からの記事」として表示される機能が追加
  • 共有されたApple Musicプレイリストがミュージックアプリに「友達からの音楽」として表示される機能が追加
  • 共有された写真が写真アプリの「あなたと共有」に表示される機能が追加、またこれらの写真は「おすすめの写真」や「メモリー」に表示

新しい通知機能と作業等に集中できるFocusモード

  • 通知機能に自分が設定した好きな時間に「急ぎでは無い通知」がまとめて届く「通知の要約」が追加。要約としてまとめられた通知は重要なものから並ぶ形式となっており、個人から受信した通知(メッセージ)などは要約の対象とならず随時受信できます。
  • iPhoneがおやすみモードがオンになっている場合、メッセージアプリにおやすみモード中であることがわかるステータスが表示
  • 利用シーンに応じて通知を許可するアプリや人物のカスタマイズが可能なFocusモードが追加。Focusモードは数種類(Do Not Disturb、Personal、Work、Sleep)用意されており、利用シーンに応じて自由に切り替えが可能。
  • Focusモード中は、ホーム画面にFocusモードに合わせたアプリやウィジェットが配置された専用ページが追加

写真のテキストを認識できるLive Text機能

  • カメラアプリで写した文字のテキスト化、コピーできる機能が追加(OCR)
  • 写真アプリに保存された写真に写り込んだ文字の選択が可能になり、例えばお店の名前などから詳細を調べたり、写り込んだ電話番号をタップすることで電話を発信できる機能が追加
  • Live Textはカメラや写真アプリだけでは無く、システム全体の写真に対応(スクリーンショット画面、クイックルック画面、Safariなど)
  • 対応言語は英語など7言語となっており、日本語は対応していない

写真に写った動物の詳細などを調べられるVisual Look Up機能

  • 写真に写った動物や植物、アート、ランドマークの詳細を簡単に調べられるVisual Look Upが追加
スポンサーリンク

より検索機能が強化されたSpotlight検索

  • Spotlight検索で写真の検索が可能になり、写真に写った人物や風景、撮影場所(地名)などのキーワードで検索が可能。またLive Textにより認識された文字が写り込んだ写真の検索にも対応。
  • Spotlight機能によって連絡先に様々な情報が付加されるようになり、探すアプリで位置情報を共有されている場合は位置情報、共有されているコンテンツ(音楽、映像等)、メッセージアプリの直近会話、関連するスケジュールやメールなどが表示されます。

メモリーのカスタマイズに対応した写真アプリ

  • For Youの一番上に表示されるメモリー機能が強化され、Apple Musicからパーソナライズされた音楽が付加され躍動感ある完成度に
  • メモリーのカスタマイズ機能「メモリーミックス」が追加され、メモリーに適用するフィルタ(モノクロ等)、メモリー再生中に再生する音楽の選択などが可能に

スマートロック(電子鍵)の解錠や施錠に対応したWalletアプリ

  • 戸建てやアパートのドアを解錠できる鍵機能が追加、また社員証を追加することでタッチ操作でオフィスの入退室、旅行先ではホテルの客室の鍵の解錠も可能に(対応施錠製品の設置が必要)
  • アメリカの一部州などで身分証明書をスキャンしWalletに取り込む機能が追加

アプリ全体が刷新され大幅なリニューアルになる天気アプリ

  • アプリ全体のデザインが刷新、現在の天候に応じて背景が変化するデザインが採用
  • 天候など様々な状況に応じてデータの配置場所が最適化(変化)する
  • これまでよりも風速やUV指数、気圧などの状況も確認しやすくなる
  • 全画面表示に対応した高解像度天気図の表示に対応

ARによるルート案内などが利用可能なマップアプリ(一部国のみ)

  • インタラクティブな地球儀モードが追加
  • 商業地区などの詳細情報、カーナビゲーション中に車線情報(専用レーン等)の描画、高速道路のIC付近では立体的な3Dビューで表示される新しいマップ
  • ARを使用した直感的なナビゲーション機能の追加
  • ただし、これらの新しいマップ機能はロンドンやニューヨークなどの一部国でのみ提供となっており、日本国内での実装予定日は未発表。

iOS15の対応機種について

iOS15の対応機種はApple公式サイトにて以下の通り発表されています。iPhone 6s/6s Plusでもアップデート可能とのことです。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (1st generation)
  • iPhone SE (2nd generation)
  • iPod touch (7th generation)

コメント(承認制)

*

Return Top