SBAPP

【iPhone】iOS15.4.1でワイヤレス充電できない不具合の詳細と対処について

iOS15.4.1アップデート後、一部のiPhoneでMagSafe充電器等によるワイヤレス充電器で充電できない問題がAppleサポートコミュニティで報告されています。

iOS15.4.1でワイヤレス充電できない問題が報告

iOS15.4.1アップデート後、Apple純正のMagSafe充電器やサードパーティ製ワイヤレス充電器で充電できない問題報告されています。

iOSアップデート後にワイヤレス充電機能が動作しない問題はiOS14以降から続いており、Appleサポートコミュニティでは関連する投稿が相次いでいます。

neither of these wireless charges are charging my iPhone 13 pro max after the update. Yesterday I updated to iOS 15.4.1 while the phone was on the MagSafe charger. Right after update, it only charges through lightning cable. I tried all sorts of resets available on settings app. But I still don’t have wireless charging capability on 5 months old iPhone 13 pro max. Now I wonder what else is not working on my phone. So @Apple guys please help out urgently!!!!

Same issue here… iPhone 11 stopped charging wirelessly after iOS 15.4.1 update…

Apple, please put out a fix…

現在も原因は不明、買い替えや再起動で改善しないか試す

iOSアップデート後にワイヤレス充電できなくなる問題の原因、確実な解決方法は執筆時点も明らかになっておらず、以下の基本的な対処法を試さざる得ない状況です。

  • MFi認証済みのワイヤレス充電器に交換する(※MFi認証製品でも充電できないとの投稿もあります)
  • Apple純正のMagSafe充電器に交換する
  • iPhoneに装着しているケースを外す
  • 使用しているワイヤレス充電器が他iOSデバイスでも充電できるか確認する(充電器本体の故障確認)
  • iPhoneを再起動する
  • iOSアップデートによる改善を待つ
スポンサーリンク

MFi認証を受けていない充電器を使っている場合

もしMFi認証を受けていないサードパーティ製の充電器を使用している場合は、iOSアップデートにより使用が制限されている可能性も考えられるため、MFi認証を受けている充電器もしくはMagSafe充電器への買い替えを検討してください。

MFi認証であると誤認させるかのような商品に注意

またAmazonなどのインターネットショッピングサイトでは、MFi認証であると誤認させるかのような商品も多くあるため、もしインターネット上で充電器を購入した場合は、レビューなどの口コミに同じような問題を報告しているユーザーがいないか確認することもお勧めです。

本当にMFi認証を受けているか確認する方法

使用中の充電器がMFi認証を受けているかどうかは、Appleの公式サイト「MFi Licensed Accessories」でブランド名を検索することで簡単に調べることができます。

「Search for accessories that have completed MFi certification」の左ボックスで「Brand」を選択し、右ボックスにブランドの名前(Anker、Spigenなど)を入力し、Searchをタップすると検索結果が表示されます。

もし検索結果に「No results found」と表示された場合は、MFi認証として正式に登録されている商品は無く、商品ページにて「Apple認証」等と謳っている場合は虚偽の可能性が考えられます。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アイフォン 11で15.4.1インストール後にアンテナは3本立っているのに、4Gに繋がったり、切れたりを10分置きに繰り替えしている。

コメント(承認制)

*

Return Top