楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14.3で予測変換の精度が低下する、おかしくなる問題と対処

iOS14.3アップデートを適用後、一部のiPhoneで標準キーボードの予測変換や通常変換の精度が低下する問題が生じる場合があるようで、ユーザーから「アップデート後から予測変換がおかしい」などの声が増えています。

iOS14.3で予測変換、通常変換の精度が低下する問題

iOS14.3アップデートを適用した一部のユーザーから、アップデート適用により標準キーボードの予測変換や通常変換の精度が低下する問題が報告されています。

予測変換や通常変換の精度が低下する問題が生じると、iOSアップデート前には表示された変換候補が表示されなくなったり、入力した文字から連想できない単語が候補として表示される場合があります。

スポンサーリンク

変換の精度が低下する問題はiOS14から続く問題

iOSアップデート適用後に予測変換や通常変換の精度が低下する問題はiOS14以降から報告が続いており、執筆時点では次に解説する手順でキーボードの変換学習をリセットするか、次回以降のiOSアップデートで予測変換と通常変換の精度が直るのを待つほかありません。

関連記事【iOS14】予測変換候補が表示されない、予測変換の質が低下する問題の詳細と対処法

キーボードの変換学習リセットで対処する

これまで学習した変換学習内容を初期化することにはなりますが、設定一般リセットキーボードの変換学習をリセットの順に操作して変換学習を初期化することで、予測変換と通常変換の精度が改善する可能性があります。

  1. 設定をタップ
  2. 一般をタップ
  3. リセットをタップ
  4. キーボードの変換学習をリセットをタップ
  5. 変換学習をリセットをタップ

コメント(承認制)

*

Return Top