楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】マスクを着けたままFace IDロックを解除できる条件と必要な設定(iOS 14.5以降)

2021年4月27日にリリースされたiOS 14.5watchOS 7.4では、iPhoneとApple Watchの連携機能としてマスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックの解除ができる機能が追加されましたが、使用するにはいくつかの条件を満たす必要がある他、一部設定を変更する必要があります。

マスクを着けたままFace IDロックを解除できる条件

iOS 14.5及びwatchOS 7.4に追加された『マスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックの解除ができる機能』は、以下の条件を全て満たす場合のみ使用することができます。

  • Face IDに対応したiPhone X以降のモデル
  • Apple Watch Series 3以降のモデル
  • iOS 14.5以降のiPhone
  • watchOS 7.4以降のApple Watch

ストレージ容量が4.8GBのApple Watch Series 3を使用している場合は、watchOS 7.4アップデートを適用するのに3GB以上の空き容量が必要となるため、使用状況によっては写真や音楽の削除、再ペアリングによる初期化で空き容量を確保する必要があります。

スポンサーリンク

マスクを着けたままFace IDロックを解除する際に必要な設定等

端末やOSの必須条件を満たしている場合、Apple Watchがパスコードロックで保護されているか確認し、次の使用環境を満たしている場合のみマスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックを解除できます。

  • Apple Watchのパスコードロックがオンになっていること(Watchアプリパスコード
  • Apple Watchを装着していること
  • Apple WatchとiPhoneが通信できる距離にあること
  • iPhoneでApple Watchでロック解除をオンにしていること(手順は次に解説)

「Apple Watchでロック解除」をオンにする手順

iPhoneをiOS 14.5以降、Apple WatchをwatchOS 7.4以降にアップデート適用後、以下の手順で『マスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックの解除ができる機能』を有効化できます。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. Face IDとパスコードをタップ
  3. iPhoneのパスコードを入力
  4. Apple Watchでロック解除の項目、Apple Watchのスイッチをオンにする

上記設定を有効後、初回のFace IDロックのみパスコード入力か顔認証よる解除が必要になりますが、2度目以降はマスクを着けたままFace IDロックを解除することができます。

※ Apple Watchを着脱すると再度パスコード、Face IDによる解除が初回のみ必要になります)

関連記事【iOS14.5】アップデート内容や変更点の詳細、不具合や評判について

コメント(承認制)

*

Return Top