楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14でChromeをデフォルトブラウザに設定する方法

iOS14では、サードパーティーがリリースしているブラウザアプリをデフォルトブラウザとして設定することができるようになりました。これに早速Googleがリリースしているブラウザアプリ「Google Chrome」は既に対応しておりデフォルトブラウザに設定できます。

デフォルトブラウザをChromeに変更する手順

iOS14以降のiPhoneでは、以下の手順でデフォルトブラウザを変更できます。使用アプリはChromeを想定していますが、その他のブラウザアプリをデフォルトブラウザに設定する場合は手順2で使用しているブラウザアプリを選択してください。

  1. 設定を開く
  2. 画面をスクロールしてChromeをタップ
  3. デフォルトのブラウザAppをタップ
  4. Chromeを選択してチェックを入れる

スポンサーリンク

アプリ全般の「Safariで開く」がChromeで開くようにになる

デフォルトブラウザをChromeなどのブラウザに変更すると、TwitterやLINE等のサードパーティーアプリに用意されている「Safariで開くボタン」をタップした時、AirDropでウェブページの共有を受けた時などにウェブページがChromeで開くようになります。

なお、Safariの「ホーム画面に追加」で配置したWebAppやウェブページについては必ずSafariで開く仕様になっています。

関連記事【iOS14】アップデートの新機能と変更点、不具合や評判のまとめ

コメント(承認制)

*

Return Top