SBAPP

【iPhone】iOS14以降で充電が途中で止まる、100%まで充電できない問題と対処

iOS14.2以降の一部iPhoneで「100%まで充電できない」「バッテリー残量が90%台で止まる」など、iPhoneのバッテリー残量が100%まで充電できない問題がAppleサポートコミュニティで報告されています。

iPhoneの充電が100%にならない不具合が報告

iOS14.2以降の一部iPhone(iPhone 12 Pro Maxなど)で、バッテリーが100%まで充電できない不具合がAppleサポートコミュニティで報告されています。

下記投稿によると、こちらのユーザーはiOS14.2.1アップデート適用後からバッテリー残量が96%で停止するようになったとのこと。

Bought a new iPhone 12 pro max on release day. When device was on iOS 14.2, there was no issue to charge 100% on apple certified Mophie wireless charging pad. After upgraded to iOS 14.2.1, charging stops at 96% every time. Battery health check 100%. Has anyone experience same issue?

バッテリー充電の最適化を確認

iPhoneの充電速度が低下した場合、まずはじめに以下の手順でバッテリー充電の最適化がオフになっていることを確認してください。バッテリー充電の最適化がオンになっている場合、バッテリー残量80%以降の充電が保留される場合があります。

  1. 設定をタップ
  2. バッテリーをタップ
  3. バッテリーの充電をタップ
  4. バッテリー充電の最適化をタップ

またバッテリー充電の最適化がオフになっている場合でも、iPhoneはバッテリー残量80%以上になると充電速度が低下する仕様となっているため、単に時間が掛かるだけであればこちらの影響も考えられます。

Appleのリチウムイオンバッテリーは、バッテリー容量の80%までは高速充電し、その後、低速のトリクル充電に切り替わります。最初の80%に達するまでの時間は、設定方法と充電しているデバイスの種類によって異なります。

引用:Apple

iOSアップデート、充電器の交換、再起動を試す

もしサードパーティー製の充電器を使用している場合は別の物に交換、旧バージョンのiOSを使用している場合は設定ソフトウェア・アップデートの適用、iPhoneの再起動で改善しないか確認してください。

いずれを試しても改善しない場合はiOS(ソフトウェア)の問題である可能性が高いので、次回以降のiOSアップデートによる解消を待つか、iPhoneの初期化と復元を試す必要があります。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top