楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS14.2】バッテリー充電の最適化が勝手にオン、有効化される問題が報告

iPhoneなどiOSデバイス向けにiOS14.2アップデートがリリースされていますが、アップデートを適用したユーザーから「バッテリー充電の最適化が勝手にオンになった」と報告する声が挙がっています。

iOS14.2アップデートで「バッテリー充電の最適化」が勝手にオンに

iOS14以降のiPhoneでは、設定バッテリーバッテリーの状態バッテリー充電の最適化をオンにすることでバッテリーの劣化を防ぐことができます。

バッテリーの劣化を防げる便利な機能ではあるものの、iPhoneを使い始めるタイミングにフル充電(残量100%)にならない等の理由によりバッテリー充電の最適化をオフにしている場合は、iOS14.2アップデート適用後にバッテリーの状態がオンに変更されていることがあるようなので、改めて設定を確認するようにしてください。

スポンサーリンク

iOSアップデートで既存設定が変更される事例

iOSアップデートの適用によって一部の設定が勝手に変更されることは珍しく無く、直近であればiOS14以降でiOS自動アップデートが勝手にオンになる事例も報告されており、意図せずデバイスがアップデートされたとするユーザーも相次いでいます。

今回のバッテリー充電の最適化が勝手にオンになった理由として、バッテリー充電の最適化機能がAirPodsをサポートした影響により、バッテリー充電の最適化の設定がデフォルトでオンに再変更された可能性も考えられそうです。

AirPodsのバッテリー充電を最適化し、AirPodsがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制

iOS14.2でバッテリー充電の最適化iOS自動アップデートをオフにしても、次回以降のアップデートで再びオンに変更される可能性も考えられるので、iOSアップデートを適用する際にはこれら2つの設定状態を確認するようにした方が良いかもしれません。

追記
iPhoneを再起動するとバッテリー充電の最適化がオンになるようです。

関連記事【iOS14.2】バッテリー充電の最適化が再起動でオンになる仕様に変更?

著者情報

Funaki Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これ再起動でもオンに戻るなあ

    • コメントありがとうございます。手元の端末でも同じように再起動後に自動でオンになることが確認できました..。

  2. オフにしても毎日夜になると勝手にオンになってる。
    14.3まで我慢なのか、これが標準の仕様になるのか。

  3. iPhone SE 2020 128GB→iOS 14.1→14.2へアップデート

    Appのバックグランド更新も自動的にオンになってました。

    自分だけかもしれませんが

  4. iPhone XR, iOS 14.2です。

    博報堂さんのラジオクラウドというアプリを20分ほど起動していると、バッテリー充電の最適化が勝手にオンになりました。

    このアプリ、最近何かバグっているようで、ただ起動しているだけでもバッテリーをもりもり消費します。 アプリのレビューにもいくつか書かれていますが、ときにはiPhoneの電源が切れてしまうこともあります。 私も一度経験しました。

    以上、ご参考まで。

コメント(承認制)

*

Return Top