楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14.5でバッテリーの消耗が早い、残量の減りが早い問題と対処について

先日リリースされたiOS14.5アップデートを適用後、一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンスの悪化が報告されており、「一晩放置したらバッテリー残量が無くなった」「バッテリーの消耗が異常に早い」などの声が増えています。

iOS14.5でバッテリーの消耗が早い等の声

iOS14.5アップデート適用後、AppleサポートコミュニティやTwitterなどのSNS、当ブログのコメント欄などで「バッテリーの消耗が早くなった」「バッテリーの減りが早い」など、バッテリーパフォーマンスが悪化したとの事例が複数寄せられています。

コメント投稿者:匿名
XSです。
14.5にした直後のバッテリー消費が異常でした。今再起動して様子を見ています。
コメント投稿者:勇気飛行
iPhone7 Plusですが14.5にしてから充電していない状態で一晩置いておいて朝起きたらバッテリー残量ほぼ0
こんな状態初めてです

iOSアップデートによる影響の場合はメッセージが表示

iOSアップデート適用後、数時間〜数日の間は内部処理の兼ね合いによりバッテリーパフォーマンスが著しく低下する場合があり、その場合は設定バッテリーの所見および提案に以下の「iOSをアップグレード中のため〜影響があります」といった旨が表示されることがあります。

iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用されています。これによりバッテリーの持続時間に影響がある場合があります。

上記の文言が表示されている場合やiOSアップデート適用してから間もない場合は、アップデートによる内部処理が完了するまで待つことで、バッテリーパフォーマンスが回復することがあります。

スポンサーリンク

iPhone 11の場合は再調整による影響も?

iPhone 11をお使いの場合は、一部の端末で生じていたバッテリー状態の予測精度の問題の対策として、バッテリーの最大容量やピークパフォーマンスの再調整がiOS14.5アップデート適用後に発生する場合があります。

* バッテリーの状態報告システムによって、iPhone 11モデルの最大バッテリー容量とピークパフォーマンス性能を再調整し、一部のユーザにバッテリーの状態が不正確な推定値で報告されていた問題に対処(https://support.apple.com/HT212247)

ピークパフォーマンス性能等の調整がが行われている場合、設定バッテリーバッテリーの状態にその旨が表示されます。

上記の調整機能がバッテリーパフォーマンスに影響を与えているとは限りませんが、もしメッセージが表示されている場合は消えるまで待ち、その後バッテリーパフォーマンスに変化が無いか確認してください。

iOS14.5で設定を見直してバッテリーパフォーマンスを延長する

バッテリーパフォーマンスの低下が激しく、あまりにもバッテリーの消耗が早い場合は以下の設定を変更するなどし対処してください。

積極的に見直したい設定

  • ホーム画面で使用するウィジェットを減らす
  • 表示が動的に変化するウィジェット、Siriからの提案を使用しない
  • コントロールセンターから画面の明るさを不便にならない範囲で暗くする
  • 設定一般アクセシビリティディスプレイ調整明るさの自動調節をオンにする(常に明るい画面で使用していた方に効果的)
  • 設定バッテリーでバッテリーを著しく消耗しているアプリはないか確認し、バッテリーを多く消耗しているアプリの使用を控える、もしくは削除する
  • iPhoneの適温範囲(0〜35度)では無い環境での使用を控える
  • バッテリー残量が僅かになった時、どうしても長持ちさせたい時に設定バッテリー低電力モードをオンにする
必要性に応じてオフにする設定

  • Wi-Fiを使用しない場合:設定Wi-Fiをオフ
  • Bluetoothを使用しない場合:設定Bluetoothをオフ
  • AirDropを使用しない場合:設定一般AirDrop受信しないに変更
  • 設定プライバシー位置情報サービス各アプリこのAppの使用中のみ許可に変更(バックグラウンドで起動するものは”常に許可”にしてください)
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で、バックグラウンドでの動作が不要なアプリをオフ
  • 圏外エリアでは設定機内モードをオンにする。

関連記事【iOS14.5】アップデート内容や変更点の詳細、不具合や評判について

コメント(承認制)

*

Return Top