楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】機能制限に「17+」や「すべてのAppを許可」が表示されない原因と対処方法

先日Twitterアプリのレーティングが17+に変更された影響で、”ホーム画面からTwitterアプリが消えたユーザーが続出している件“についてお伝えしましたが、記事のコメントで「機能制限のAppが12+までしか無い」「17+とすべてのAppを許可が表示されない」といったコメントを多数頂きました。

この件について調査をしてみると、auなどが契約者向けに提供している「あんしんフィルター for au」など、iOSのプロファイル機能を使用したフィルタリングサービスが原因であることがわかりました。

アプリのレート制限が設定されたプロファイルをインストールしてみた結果

アプリのレート制限が設定されているプロファイルをインストールし、設定一般機能制限Appを確認してたところ、コメントでも多数寄せられた「17+とすべてのAppを許可が表示されない」といった状態を再現することができました。

またアプリのレート制限が設定されたプロファイルをインストールしている場合、機能制限をオフにしても17+のアプリ(今回であればTwitterアプリ)は表示されず、起動することもできません。

ザッと調べた限りでは、auがプロファイル単位でアプリの年齢制限が出来る「あんしんフィルター for au」を提供しているようなので、もしauのiPhoneをお使いなのであれば、プロファイルが原因である可能性が高いです。

あんしんフィルター for au
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

スポンサーリンク

「17+」や「すべてのAppを許可」が表示されない時はプロファイルを確認する

もし機能制限の設定画面に「17+」や「すべてのAppを許可」が表示されない場合は、次の方法で年齢制限を含むプロファイルがインストールされていないか確認し、必要に応じて削除等をする必要があります。

  1. 設定一般をタップ。
  2. プロファイルをタップ。
    ※ プロファイルがインストールされていない場合は項目が表示されません。
  3. 表示された構成プロファイルをタップ。
    ※ プロファイルが複数表示される場合は、それぞれのプロファイルを1つずつ確認する必要があります。
  4. 機能制限をタップ。
  5. “Appのレート指定が設定されています”と表示されている場合は、左上のプロファイルをタップして次の手順へ。もし“Appのレート指定が設定されています”が表示されていない場合は、手順2に戻り別のプロファイルを確認してください。
  6. プロファイルを削除をタップ。
  7. iPhone本体のパスコードを入力。
  8. “保護プロファイルを削除”と表示される場合は、プロファイル作成時に設定したパスワードが必要です。もし学生の方で親御さんと一緒にiPhoneを購入した覚えがある場合は、事情を説明して保護プロファイルのパスワードを教えて貰う必要があります。

上記方法で年齢制限が設定されたプロファイルを削除することで、設定一般機能制限AppすべてのAppを許可にチェックを入れられるはずです。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. auでiPhone6s plusを買いました。
    17歳以下の特別なプランで月々の支払いが安いのを買いました。
    しかしもともと年齢制限が組み込まれていてアプリが全然入れられません。
    この方法を使って17歳の制限を解除したら、月々の支払いが高くなったりしますか?

  2. とても助かりました。ありがとうございます。

  3. ありがとうございました

  4. うわわわわわああああああああああ
    ほんっっっっっっっとおおおにありがとうございます!!!!!!!!!!!!
    今コレ読んでて17+とかが表示されてないのが当てはまってて、、、!!!!!
    解決できました!!!!!!!!!!
    嬉しすぎてヤバいです汗ww
    ほんとにほんとにありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!

  5. 教えていただきありがとうございます!ただ削除すると親に連絡いくみたいなので親が寝静まった頃にちゃちゃっと済ませときます

コメント(承認制)

*

Return Top