SBAPP

【Twitter】「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」の誤検出が急増中

2022年8月頃より、Twitterで主に画像を添付したツイートに「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」と表示されるアカウントが急増しています。

警告「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」が急増

2022年8月下旬頃より、Twitterで画像を添付したツイートに以下の警告「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」が表示されるアカウントが増えています。

センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。
この警告に異議申し立てをする

センシティブな内容、警告が表示される原因について

Twitterにはセンシティブなメディアに関するポリシーが設けられており、以下のような内容を含むツイートに関しては警告「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」が表示されます。

  • 写実的な暴力描写
  • 成人向けコンテンツ
  • 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ
  • グロテスクなコンテンツ
  • ヘイト表現を伴う画像
スポンサーリンク

誤検出によりセンシティブ判定を受ける場合がある

本来であれば警告「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」は、前述したコンテンツを含むツイートにのみ表示されるものですが、2022年5月頃からセンシティブコンテンツには該当しない画像(人物、風景、動物、食べ物、物など)を含むツイートにも表示される事例が増えていました。

その後まもなくして誤検出が落ち着いたものの、2022年8月頃から再びセンシティブコンテンツとして誤検出される事例が再急増しています。

異議申し立てをすると数日後にセンシティブ判定が解除

警告「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」が表示された場合、警告の末尾にあるリンク「この警告に異議申し立てをする」から誤検出である旨を報告してください。

異議申し立ての例文)ツイートに添付された画像は「食べ物」であり、センシティブなメディアに関するポリシーには抵触しない健全な投稿です。

Twitterにより確認が行われ問題が無いと判断されると、アカウントに適用されたセンシティブ判定が解除され、画像を添付したツイートを投稿しても警告が表示されなくなります。

なお、異議申し立ての審査が完了すると結果を伝える以下の通知が届く場合があります。(通知が届かない場合もあります)

After review, we removed the sensitive content warning from one or more recent Tweets. Thanks for helping us catch that mistake. Want to help us improve our appeal process?

異議申し立てせずに警告を放置した場合のリスク

誤検出により警告「センシティブな内容が含まれている可能性があるため、このツイートに警告を表示しています。」が表示され、その状態を放置した場合はポリシー違反として対応が進む可能性があり、Twitterが自動検出したカテゴリによってはアカウントが永久凍結される恐れがあります。

センシティブなメディアを投稿するためだけに使用されているアカウント – センシティブなメディアの共有がTwitterでの行動の大半を占める場合、アカウントが永久に凍結される場合があります。

コメント(承認制)

*

Return Top