楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】アップデートでDMが消える不具合、再度ログインで改善が報告

2021年9月21日現在、iOS版Twitterアプリを最新バージョンにアップデートした一部のユーザーから、これまで受信した全てのDM履歴が消えてしまい「フォローされているアカウントにメッセージを直接送れます」とだけ表示される不具合が報告されています。

Twitterアプリのアップデート後にDMが消える不具合

iOS版Twitterアプリの最新アップデート(ver.8.83.2)適用後、これまで受信した全てのDMが全て消えてしまい、DMタブ内に「フォローされているアカウントにメッセージを直接送れます」とだけ表示されるユーザーが急増しています。

スポンサーリンク

全てのDM、履歴が表示されない

今回の不具合はiOS版Twitterアプリでのみ発生しており、不具合が発生するとTwitterアプリのDMタブ内に受信したDMが一切表示されない状態になります。

あくまでTwitterアプリ内でDMが表示されていないだけでDMが全て消えた訳では無いので、ウェブ版Twitterやその他のクライアントアプリからであればDMを表示することができます。

Twitterアカウントのログアウト、ログインで改善する場合も

iOS版Twitterアプリアップデート後にDMが表示されなくなった場合、iOS版Twitterアプリからログアウトしログインし直すことでDMが正しく表示されることが多いようです。

ただし、アプリ内に保存されている書類とデータ(下書きなど)は消えてしまうので、ログアウト前にメモアプリに下書き内容を控えるなどして、擬似的なバックアップを作るようにしてください。

  1. Twitterアプリで画面左上のアイコンをタップ
  2. 設定とプライバシーをタップ
  3. アカウントをタップ
  4. ログアウトをタップ
  5. 「ログアウトしてもよろしいですか?」で再びログアウトをタップ
  6. Twitterアカウントで再度ログインする

コメント(承認制)

*

Return Top