楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】カメラ機能がいらない時にアクセス権限オフで誤起動を防ぐ方法

スポンサードリンク

先日Twitter公式アプリに、ホーム画面(タイムライン)で左スワイプだけで起動できるカメラ機能が追加されましたが、Twitterアプリでカメラを使用しないユーザーからは「カメラ機能をオフにしたい」「間違えて起動してしまう」などの声が目立ちます。

執筆時点では、Twitterのホーム画面(タイムライン)を左スワイプで表示される画面自体をオフにすることはできませんが、誤ってカメラを起動してしまう問題に関しては、アクセス権限の設定を変更することで解消することができます。

iPhoneでTwitter公式アプリのカメラ機能をオフにする

  1. 設定からプライバシーを開く。
  2. カメラのTwitterをオフにする

AndroidでTwitter公式アプリのカメラ機能をオフにする

  1. 設定からアプリを開く。
  2. Twitterの権限設定を開く。
  3. カメラをオフにする
スポンサーリンク

※ 機種により項目名やUIが異なる場合があります。

Twitter公式アプリでカメラの起動ができなくなる

上記手順でカメラへのアクセス権限をオフにすると、意図せずカメラを起動してしまうことは無くなるので、もしTwitter公式アプリでカメラ機能が不要なのであればお試しください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top