楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【LINE】友だちを非表示削除できない仕様に変更 ブロックによる友だち削除のみに

【LINE】友だちを非表示削除できない仕様に変更 ブロックによる友だち削除のみに
スポンサーリンク

iPhoneなどのiOS向けにリリースされているLINEがバージョン9.12.0にアップデートされましたが、リリースノートに記載されていない仕様変更として、「友だちを非表示にして削除する」といった操作が撤廃されています。

「ブロックして削除」と「非表示にして削除」の違い

アップデート前のiOS版LINEアプリでは、友だちを削除する方法として「ブロックして削除」「非表示にして削除」の2通りの方法があり、友だちを削除する目的別に使い分けられていました。

友だちをブロックして削除する方法の特徴
友だちをブロックして削除すると、削除後は相手から届く全てのトークを受信拒否するため、今後一切の連絡を取る必要が無い相手に対して使われる削除方法です。(相手目線では未読の状態が続く)
友だちを非表示にして削除する方法の特徴
友だちを非表示にして削除すると、削除後も相手とトークの送受信ができるため、友だちに登録する必要性は薄いけど連絡は取り合えるようにしたい相手を削除する目的などに使われる削除方法です。

友だちを非表示にして削除ができないとの声

LINEの最新アップデートを適用したユーザーから、「友だちを非表示にして削除ができない」との声が多く挙がっています。

なお、iOS版LINEアプリ(ver.9.12.0)のアップデートリリースノートは下記になっており、リリースノートに記載されていない突然の仕様変更に戸惑うユーザーが多い印象です。

■トークルームのコンテンツや設定をするメニューのデザインをリニューアルし、使いやすさを改善
■テキスト、リンク、写真などをLINE内に保存できる[Keep]を改善し、コンテンツを管理しやすいようにコレクション機能を追加
■LINEストーリーで投稿した自分のコンテンツを24時間経過しても閲覧できる機能を追加
■トークルーム内のメッセージをスワイプすることで、そのメッセージに返信できる機能を追加
■LINEアプリ内で送受信したURLを、Safariで開けるように変更する新機能を、LINE Labsに追加
■近日中にLINE QUICK GAME新作タイトルを追加予定

スポンサーリンク

アップデート前後で非表示リストを確認

iOS版LINEアプリのアップデート前後で非表示リストを確認したところ、旧バージョンでは編集をタップすると削除が表示されていたものの、最新バージョンでは編集が撤廃され、再表示のみ出来る仕様に変更されていました。

非表示リストの削除ボタンが撤廃
非表示リストの削除ボタンが撤廃

今後はブロックして削除するしか無い

執筆時点のバージョン(ver.9.12.0)では、非表示にして削除することはできないため、どうしても友だちを削除したい場合はブロックして削除するほかありません。

もしブロックする必要性まで無い場合は、今後のLINEアップデートで友だちを非表示にして削除する機能の復活を待つしか無さそうです。

ブロックからの削除
今後はブロックからの友だち削除しか方法が無い。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 連動しているゲームの相手を削除したいとき、その相手と今後もLINEのやりとりする関係上「非表示・削除」が活躍していたのに、今後ブロックしか方法がないとは・・・
    連動しているゲームからその相手を消したいときはどうしたらいいの?

  2. ライン バージョン 9.12.0 ブロックを無かった事にして友達から削除する方法

    1友達の段階で空のトークルームを作る
    2友達をブロック
    3ブロックリストから友達を削除
    トークルームは残っている状態

    4トークルームでブロックを解除
    5トークルームを削除
    おそらくこれで今までの非表示削除と同じ効果では?

    • コメントありがとうございます。
      こちら貴重な手順、情報ありがとうございます。
      実機で再現することができました。確かにこちらであれば非表示と同じ結果になりそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top