楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Googleアプリ「よくアクセスするウェブサイト」を削除する方法

スポンサーリンク

iOS版Googleアプリで新規タブを開くと、検索画面「よくアクセスするウェブサイト」にウェブサイトの名前とFavicon(アイコン)が表示される場合があり、ユーザーからは「よくアクセスするウェブサイトを削除したい」などの声が目立ちます。

検索画面に「よくアクセスするウェブサイト」が表示

ここ最近TwitterやYahoo!知恵袋などで「Googleアプリに”よくアクセスするウェブサイト”が表示される」との声が多く挙がっています。

よくアクセスするウェブサイトは、新規タブを開くだけで表示されるため、場合によっては表示されたくないウェブサイトが表示されることもあり、削除したい、非表示にしたいとの声が多いです。

スポンサーリンク

「よくアクセスするウェブサイト」を削除する

執筆時点では、よくアクセスするウェブサイト自体の項目を非表示にする設定は用意されていないものの、ウェブサイトのアイコンを長押しして個別に削除することはできます。(Chromeと同じ操作)

新しいタブの画面からおすすめのサイトを削除する

新しいタブを開くと、よくアクセスするサイトがサムネイル表示されます。サイトを削除するには、サイトを長押しして [削除] をタップします。

引用:Google Chromeヘルプ

シークレットモードを使用して履歴を残さない

閲覧しているウェブサイトが「よくアクセスするウェブサイト」として表示されないようにするには、シークレットモードを使用する必要があります。

最新バージョンのGoogleアプリの場合、新規タブ(Google検索画面)で設定シークレトモードをオンにするをタップしてください。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top