楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】追跡型広告を制限する方法 – ピッタリすぎる広告が怖い!

cat
スポンサードリンク

iPhoneでWEBサイトやアプリを使っていると広告が表示される事が多いと思います。
その中で時折「自分にピッタリすぎる広告」が表示される事はありませんか?
例えば楽天の広告で、自分の興味がある商品が表示される広告など..
そういった広告を「追跡型広告」や「オプトイン広告」と呼んでいます。
最近だとFacebookも採用した広告配信方法の1つです。
今回はそういった追跡型広告の制限方法既に保存されているデータを削除する方法の2つを解説します。

追跡型広告を無効にする方法

設定のプライバシーをタップ
th_IMG_0839

広告をタップ
th_IMG_0840

追跡型広告を制限をオンにする
th_IMG_0841

保存されたユーザーデータを削除する方法

広告設定画面で、「Advertising identifierをリセット」をタップする。
th_IMG_0842

リセットをタップ。
th_IMG_0843

但し..

全てのアプリやブラウザで追跡型広告を無効に出来る訳ではありません。
アプリ側がこのオプションを適用するよう作られている必要があるので、アプリによっては無効にしても追跡型広告が表示される場合があります。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top