楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Twitterでミュートされていないか確認する方法

027_twitter (1)
スポンサードリンク

Twitterには相手のツイートをタイムライン上から非表示にできる機能「ミュート」が用意されています。
ミュートはブロックとは異なり、プロフィールの閲覧やリプライなどができるので、相手に気づかれることなくブロックしづらい相手でも擬似的にブロック(タイムライン非表示)することが出来ます。

これまで自分がミュートされていないか調べるには、タイムラインでメンション(@ユーザー名)を付けずにツイートし、リプが貰えるかどうかで判断する必要がありましたが、先日ニコニコ動画に投稿された動画でTwitterウェブクライアント「TweetDeck」を使って、相手にミュートされていないか確認出来ることが判明しました。

TweetDeckを使ってミュートされていないか確認する

SafariでTweetDeck(https://tweetdeck.twitter.com”)をSafariで開いてTwitterIDでログイン。
※公式Twitterアプリでログイン認証をオンにしている場合は、一度オフにしてください。
th_IMG_4700

ツイートボタンをタップして、適当なツイートを投稿する。
th_IMG_4702

検索(虫眼鏡)ボタンをタップして、ミュートの確認をしたい相手を検索してタップ。
※ タイムラインやDMから直接相手のアイコンをタップしてもOK。
th_IMG_4705

画面がグレー色になるので上にスクロールする。
th_IMG_4706

相手のプロフィールボックスから「HOME」をタップ。
th_IMG_4707

表示されたタイムラインに先程投稿したツイートが表示されれば、ミュートにされていません。
th_IMG_4708

もしツイートが相手のタイムラインに表示されていないのであれば、ミュートされています。
th_IMG_4710

修正されそうな気がするけども

TweetDeckはTwitterが買収しているので、この件が更に広がりを見せれば恐らく修正されそうな気がします。
とは言っても、実際に修正がいつ頃にされるかもわからないので、もしミュートにした事を相手に気づかれたくないのであれば、しばらくはミュートの使用を控えたほうが良いかもしれませんね。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top