楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】アカウントが永久停止(BAN)されたユーザーの新規アカウント作成制限など3つの変更が発表

twitter-20170208 (1)
スポンサードリンク

Twitterが罵倒いや嫌がらせに関する問題を解決すべく3つの変更を公式ブログで発表しました。変更の中には、アカウント永久停止になったユーザーから一切の新規アカウント作成を阻止するといった大きな変更も含まれており、Twitter界隈では話題になっています。

今後順次ユーザー適用される罵倒・嫌がらせの対処に関する3つの変更とは?

ざっくりとまとめると次の変更が行われます。詳しい内容は後述。

アカウントが永久停止(BAN)されたユーザーは新規アカウントの作成が制限

変更点の1つ目は「嫌がらせアカウントの作成の抑止」となっており、アカウントが永久停止(BAN)になったユーザーが新規アカウントを作成できないよう、識別が出来るようになるとのことです。迷惑なユーザーが追放されるといった面では良いことかもしれませんが、悪質なユーザーが嫌がらせで健全なユーザーを凍結に追い込む「誤BAN」の判断が出来るのかが気になるところです。

嫌がらせアカウント作成の抑止
アカウントを永久的に停止された方が新しいアカウントをつくることを阻止するための識別ができるようにします。これにより、もっともよく見かけ、また大きな影響を与えやすい、罵倒や嫌がらせのためだけのアカウントを作成するケースを減らすことができると考えています。
引用:より安心してご利用いただくために(現在の状況)

ブロックしたユーザーのツイートが検索結果から除外されるセーフサーチが実装

変更点の2つ目は「セーフサーチの提供」となっており、センシティブなコンテンツ(慎重に扱うべき内容)やブロックしたアカウントのツイートを検索結果から除外することが出来るようになります。

セーフサーチ
検索結果からセンシティブなコンテンツやブロックしたアカウントからのツイートを外す「セーフサーチ」の提供を始めます。検索結果上での表示は外しますが、該当ツイートを探したい場合にはご覧いただくことも可能です。セーフサーチについては、今後こちらのヘルプセンターにもご案内いたします。
引用:より安心してご利用いただくために(現在の状況)

低品質なツイートがタイムラインで省略表示に

変更点の3つ目は「嫌がらせツイートや質の低いツイートへの対処」となっており、“嫌がらせのツイート”や”質の低いツイート”が識別されるようになり、低品質なツイートの表示頻度を減らし、より高品質なツイート(会話)が見つけやすくなるとのことです。なお自動で非表示になったツイートを手動で表示することも可能とのことです。(この機能のみ今後数週間のうちに提供開始予定)

1_twitter-20170208

嫌がらせと思われるツイートや質の低いツイートへの対処
嫌がらせになるであろうというツイートや質の低い返信ツイートを識別し、表示を抑える一方で、関連度の高い会話を目につくところに表示することにも着手しています。表示を抑えられたツイートも、見たいと思われる場合には見ることができるようにします。これに関しては今後数週間のうちに順次提供を始める予定です。
引用:より安心してご利用いただくために(現在の状況)

Twitterがより利用しやすくなるよう改善されるのは良いことですが、「アカウントが永久停止(BAN)されたユーザーは新規アカウントの作成が制限される」ことによって、嫌がらせで凍結されたユーザーが泣き寝入りするケースが増えないかが不安です。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top