SBAPP

【Twitter】ブックマークされたツイートは削除してもキャッシュとして残り続ける

本日Twitter公式アプリ向けにブックマーク機能が実装されましたが、ブックマークしたツイートが投稿者によって削除されてもブックマークには残り続ける状態であることがわかりました。

自分のツイートを使ったブックマークの検証

ブックマークしたツイートが削除された場合、ブックマークからも元のツイート消えるかどうか気になり、「自分のツイートをブックマークして元のツイートを削除する」といった検証をされた方も多いかと思います。

こちらの検証方法では削除したツイートがブックマーク上からも消えるので、「ブックマークしたツイートは元が削除されたら消える」と思うかもしれません。

1_twi-bookmark_20180301_up

私自身も最初はこちらの方法を試しましたが、Twitterアプリのキャッシュ機能がどう動くのか気になったので、改めて複数のアカウントでツイートを他人にブックマークされた状態を再現し、次の検証をしてみました。

ツイートが削除されてもブックマークに残り続ける問題

まずはメインアカウントでサブアカウントのツイートをブックマークに追加。

2_twi-bookmark_20180301_up

次にメインアカウントでブックマーク画面を開きツイートを確認。(重要)

5_twi-bookmark_20180301_up_up (1)

次にサブアカウントで元ツイートを削除してみたところ、メインアカウントのブックマークからはツイートが削除されないことが確認できました。

3_twi-bookmark_20180301_up

ブックマークに残ったツイートからサブアカウントのタイムラインを覗いてみると、タイムラインからはツイートが消えていました。

4_twi-bookmark_20180301_up

ブックマークはキャッシュとして残り続ける

メインアカウントでツイートをブックマークした後にブックマーク画面を開かず、すぐにサブアカウントで元ツイートを削除した場合は、ブックマークに削除済みのツイートが表示されることはありませんでした。

またメインアカウントをTwitterアプリからログアウトし、改めてログインしてみるとブックマークからサブアカウントのツイートが消えたので、どうやらブックマークもTwitterアプリのキャッシュの対象になっているようです。

今後のTwitterアップデートで、ブックマークのみキャッシュ対象外になる可能性もありますが、それまでの間は魚拓機能(アーカイブサービス)が備わったようなものなので、他人に保存されると困るようなツイートは控えた方が良いかもしれません。

著者情報

Ryo
SBAPPを運営しているRyoです。スマートフォンが国内で急速に普及し始めた頃から、iPhoneやiOSの使い方や不具合に関する情報を10年以上にわたって発信しています。

Apple製品は、iPhone 3GSの頃から使用しており、毎年アップグレードされるデバイスやiOSの変化に魅了されてきました。iPhoneの機能性や操作性が頻繁に変化する中で、ユーザーのサポートをしたいと思い、SBAPPを立ち上げました。

現在は、iPhoneやiOSの情報に加えて、SNSの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、幅広いテーマで記事を執筆しています。経験と知識を活かして、少しでも手助けとなる情報を提供していきます。

コメントを投稿する(承認後に反映)

*

Return Top