楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple】WWDC2020を現地時間6月22日にオンラインで開催、有志によるWWDC20壁紙も配布

Appleが世界開発者会議(WWDC20/WWDC2020)を現地時間2020年6月22日に開催することを発表しました。今年のWWDCはすべての開発者を大賞に参加費無料、且つオンラインでの開催となります。

WWDC20は参加費無料、オンラインのみでの開催に

Appleが発表したプレスリリースによると、WWDC20を現地時間2020年6月22日にオンライン(Apple DeveloperアプリケーションApple Developerウェブサイト)、すべての開発者を対象に参加費無料で開催されます。

また学生を対象にSwift Playground作品を通じてコーディングの腕前を披露できる「Swift Student Challenge」が併せて開催となり、本日〜日本時間5月18日15時59分までに作品を応募することができ、優秀作品に選ばれるとWWDC20ジャケットとピンバッジのセットが贈呈されるとのこと。

Swift Playgroundsは iPad と Mac のために用意されている革新的なアプリケーションで、コードを実際に動かして楽しみながらプログラミング言語である Swift が学習できるようになっています。そして、本日より5月17日23時59分(太平洋夏時間;日本時間では5月18日15時59分)までに、世界中で開発に取り組んでいる学生の皆さんを対象に、Swift Playground で作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集します。優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットを進呈します。詳細については developer.apple.com/wwdc20/swift-student-challenge をご覧ください。

引用:Apple

スポンサーリンク

WWDC20の開催要項や公演時間は後日発表、有志による壁紙も

WWDC20の開催要項、基調講演やセッションのスケジュールは執筆時点では発表されておらず、6月中にApple Developerアプリケーションで案内されるほか、Apple Developerウェブサイトおよびメールでも関連情報が届くとのことです。

開発者の皆さんには、事前に Apple Developer アプリケーションをダウンロードして準備しておいてください。WWDC20の開催要項――基調講演、各プラットフォームの指針を示す Platforms State of the Union、セッションおよびラボのスケジュールなどは、6月に入ってから、このアプリケーションを通じてお知らせします。WWDC関連の情報は Apple Developer ウェブサイトおよびメールでもお知らせします。

また今回のWWDC20の開催発表に伴い、昨年同様に@AR72014氏がWWDC20を基調とした壁紙を公開しているので興味がある方はぜひダウンロードを。

コメント(承認制)

*

Return Top