SBAPP

【iPhone】iOS16の写真アプリで被写体を切り抜きGoogle画像検索する方法

iOS16では写真の被写体を切り抜くことができるようになりました。この機能を活用することで画像の一部(人物・モノなど)を切り抜き、被写体をGoogle画像検索することができます。

iOS16の写真切り抜き機能、対応機種について

iOS16では、写真アプリで画像に写った被写体(人物・モノなど)を長押しすることで、写真の一部を切り抜く機能が追加されました。

被写体の切り抜き機能はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降の機種のみ対応となっており、iPhone XやiPhone 8などは非対応となっています。

画像の被写体だけを背景から抜き出して、“メール”や“メッセージ”などのAppにコピー/ペーストすることが可能(iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降)

引用:iOS 16リリースノート

スポンサーリンク

切り抜いた被写体はアプリに貼り付けができる

リリースノートに「“メール”や“メッセージ”などのAppにコピー/ペーストすることが可能」と記載があるように、被写体を切り抜いた状態を維持(ホールド)したまま他アプリを起動し、他アプリの画面上で指を離すことで、被写体をアプリに貼り付けることができます。

ただし、これにはアプリ側の対応も必要となるため、執筆時点ではメールやメッセージなどのApple純正アプリ、一部のサードパーティーアプリにのみ貼り付けることができます。

写真の被写体をGoogle画像検索する方法について

GoogleアプリがiOS16の被写体切り抜き機能にいち早く対応しており、iOS16とGoogleアプリの組み合わせを活用することで、写真や画像の一部を簡単にGoogle画像検索することができます。

  1. 写真アプリで写真を開き、被写体を長押し
  2. 被写体の周囲に白い線が表示されたら、Googleアプリを開く(指は離さない)
  3. Googleアプリの画面上で指を離し、被写体をペースト(貼り付け)する
  4. Google画像検索が実行されます
iOS16の写真アプリで被写体を切り抜きGoogle画像検索する方法
実際に写真アプリで被写体を切り抜き、GoogleアプリでGoogle画像検索をしている様子。

コメント(承認制)

*

Return Top