SBAPP

【iPhone】iOS16でメールの送信を取り消す方法について

iOS16では、Apple純正メールアプリでメールの送信を取り消すことができる機能が追加されました。

メールの送信取り消し操作は送信後の10秒間となっていますが、設定を変更することで最大30秒まで延ばすことができます。

メールの送信を取り消す方法について

iOS16以降のメールアプリでは、メール送信後に誤字に気が付いた時などに役立つ、メールの送信を取り消すことができる機能が追加されました。

メールの送信を取り消す場合は、送信後にメールアプリ下部に表示される送信を取り消すをタップすることで取り消すことができます。(初期設定では送信後の10秒間のみ)

  1. メールアプリでメールを送信する
  2. 送信から10秒以内に下部に表示される送信を取り消すをタップ
スポンサーリンク

メールの送信を取り消すまでの時間を30秒に変更する

メールの送信取り消しは、初期設定ではメール送信後の10秒間となっていますが、設定を変更することで最大30秒まで伸ばすことができます。

  1. 設定アプリを開く
  2. メールをタップ
  3. 送信を取り消すまでの時間をタップ
  4. 30秒をタップ

メールの送信を取り消す機能を使わない場合

iOS16以降、メール送信時の待ち時間(取り消し操作受付時間)が不要な場合は、送信を取り消すまでの時間なしを選択することで、iOS15以前のメールアプリに近い感覚で扱うことができます。

  1. 設定アプリを開く
  2. メールをタップ
  3. 送信を取り消すまでの時間をタップ
  4. なしをタップ

コメント(承認制)

*

Return Top