SBAPP

【iPhone】iOS16でSafariがパスワード作成時にフリーズする不具合の詳細と対処

iOS16アップデート後、Safariでアカウント登録ページなどでパスワード欄をタップすると、「このWebサイト用に強力なパスワードが作成されました。」と表示された後、Safariがフリーズする不具合が発生しています。

Safariでパスワードを作成するとフリーズする不具合

iOS16アップデート適用後、Safariでアカウント作成(会員登録)をする際にパスワード欄をタップすると、「このWebサイト用に強力なパスワードが作成されました。」と表示されパスワードが自動作成されるとSafariがフリーズする不具合が発生しています。

このWebサイト用に強力なパスワードが作成されました。
このパスワードはiCloudキーチェーンに保存され、お使いのすべてのデバイスで自動入力されます。保存されたパスワードは、”設定”またはSiriに頼んで探すことができます。
強力なパスワードを使用
その他のオプション…

パスワード入力欄をタップするとSafariが操作不能になる

Safariでアカウント作成(会員登録)時にフリーズする不具合はSNSでも報告されており、筆者環境(iPhone 12 Pro、iOS16)でアカウント作成を試したところ、SNSで指摘されている不具合と同じ症状が再現されることを確認しました。

スポンサーリンク

他社ブラウザを代用、パスワードの自動入力機能をオフにして対処

iOS16のSafariがアカウント作成時などにフリーズする不具合が発生した場合、執筆時点では他社ブラウザアプリを使用するか、アカウント作成時のみパスワードの自動入力機能をオフに切り替え、アカウント作成後に設定を元に戻すといった対処が必要です。

iOS16でパスワードの自動入力機能をオフにする方法について

iOS16以降のパスワード作成機能「このWebサイト用に強力なパスワードが作成されました。」は、以下の手順でオフにすることができます。

  1. 設定アプリを開く
  2. パスワードをタップ
  3. パスワードオプションをタップ
  4. パスワードを自動入力をオフに切り替える
  5. Safariを開き、アカウント作成(会員登録)などを行う
  6. アカウント作成後に手順1~4の操作でパスワードを自動入力をオンに戻す

根本的な原因はiOSアップデートによる対処が必要となるため、不具合が改善されるまでの間はその都度対処する必要があります。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 1PasswordやChromeなどのパスワード管理機能を使っている場合は、

    >4. パスワードを自動入力をオフに切り替える

    の代わりに、「iCloud Passwords & Keychain」のチェックを外して
    他のパスワード管理機能を利用することでも回避できました。

    • コメントありがとうございます。SafariとiCloudキーチェーンの組み合わせ固有の不具合となりそうですね..

コメント(承認制)

*

Return Top