SBAPP

【iOS16】充電保留中で充電できない・熱くないのに充電保留中になる不具合の詳細と対処

iOS16アップデート後、iPhone本体が熱くないにも関わらず「充電保留中 iPhoneが通常の温度に戻ると充電は再開されます。」が表示され、充電できなくなる不具合が報告されています。

iOS16で充電保留中(Charging On Hold)機能が追加

iOS16以降、iPhone本体が高温になっている状態で電源に接続した時、あるいは充電中にiPhone本体が高温になると、警告「充電保留中 iPhoneが通常の温度に戻ると充電は再開されます。」が表示され、一時的に充電できなくなる場合があります。

充電保留中
iPhoneが通常の温度に戻ると充電は再開されます。

Charging On Hold
Charging will resume when iPhone returns to normal temperature.

充電保留中になる原因と解決方法

iPhoneを電源に接続した時や充電中に充電保留中(Charging On Hold)と表示される場合、iPhone本体が高温になっていることが原因であるため、iPhoneの使用を中断し本体の温度を下げることで充電が再開されます。

iPhone本体の温度が高温になる理由は様々ですが、室温が高い場所や直射日光に当たる場所での放置、ワイヤレス充電器や急速充電器の使用、3D描画等が生じるゲーム等のアプリ、高画質な動画のストリーミング再生、充電しながらの使用などが挙げられます。

スポンサーリンク

熱くないのに充電保留中になる不具合が発生

iOS16の充電保留中(Charging On Hold)は、前述したようにiPhone本体の温度が高温になることで発生するエラーですが、一部でiPhone本体が熱くないにも関わらず充電保留中になるといった問題が報告されています。

バッテリー充電の最適化機能が影響している可能性

不具合を報告する声の中には、「バッテリー残量が80%に到達すると通知が表示される」との声があることから、iPhoneのバッテリーの劣化を軽減する機能である、バッテリー充電の最適化が関係している可能性が考えられます。

筆者環境では再現に至っていないため未検証の対処法にはなりますが、もしバッテリー充電の最適化をオンにしている場合は、以下の手順で機能をオフにすることで充電保留中が解消されるか確認してください。

  1. 設定アプリを開く
  2. バッテリーをタップ
  3. バッテリーの状態をタップ
  4. バッテリー充電の最適化をオフにする

コメント(承認制)

*

Return Top