SBAPP

【iOS16.5.1(a)】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

iPhone向けにiOSセキュリティ対応、iOS16.5.1(a)アップデートがリリースされました。iOS16.5.1(a)は重要なセキュリティ修正を目的としたものであり、新機能の追加や変更は含まれていません。

iOS16.5.1(a)アップデート内容の詳細と変更点

iOS16.5.1(a)は、重要なセキュリティ修正を目的としたアップデートとなっており、新機能の追加や既存機能の変更、修正などは含まれていません。

セキュリティ修正の詳細は、Apple公式サイトのヘルプ記事「About the security content of Rapid Security Responses for iOS 16.5.1 and iPadOS 16.5.1」で公開されています。

iOS16.5.1(a)セキュリティ対応の詳細について

Apple公式サイトのヘルプ記事によると、ブラウザなどに搭載されているHTMLレンダリングエンジン「WebKit」で、ウェブコンテンツを処理すると任意のコードが実行される可能性があり、この問題をiOS16.5.1(a)で対処したとのことです。

また、ヘルプ記事には「積極的に悪用されている可能性があるという報告を認識している」とも記載されているため、特別な理由が無い限りは、iOS16.5.1(a)アップデートを適用することをお勧めします。

WebKit

Available for: iOS 16.5.1 and iPadOS 16.5.1

Impact: Processing web content may lead to arbitrary code execution. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

Description: The issue was addressed with improved checks.

CVE-2023-37450: an anonymous researcher

引用:About the security content of Rapid Security Responses for iOS 16.5.1 and iPadOS 16.5.1

追記:iOS16.5.1(a)の配信が急遽停止

AppleはiOS16.5.1(a)アップデートの配信を停止したようです。詳細は発表されていませんが、iOS16.5.1(a)アップデート後、一部のウェブサイトでブラウザ情報(ユーザーエージェント)を検出できなくなり、「サポートされていないブラウザ」などのエラーが発生していることが原因との見方があります。

もしiOS16.5.1(a)アップデート後に、一部のウェブサイトが表示できなくなった場合は、後述する方法でセキュリティ対応を削除するようにしてください。

iOS16.5.1(a)の配信停止に関する詳細な情報は、こちらの記事で解説しています。 ⇛ 【iPhone】iOS16.5.1(a)にアップデートできない・「iOSは最新です」になる原因と対処

追記:iOS16.5.1(c)がリリース

前述した問題を修正したバージョン、iOS16.5.1(c)アップデートがリリースされています。iOS16.5.1(a)を使用している場合は、最新アップデートを使用することで、一部ウェブサイトが正しく表示されない問題が改善します。

関連記事【iOS16.5.1(c)】アップデート内容と変更点の詳細、不具合や評判について

iOS16.5.1(a)はRapid Security Responseで自動アップデート

iOS16.5.1(a)は、iOS16以降に実装された自動アップデート機能、「Rapid Security Response」により配信されています。

そのため、iPhoneの設定一般ソフトウェアアップデート自動アップデートセキュリティ対応をシステムファイルがオンになっている場合、自動的にアップデートがインストールされます。

“緊急セキュリティ対応”では、重要なセキュリティの改善をより迅速にデバイスに適用するために、通常のソフトウェアアップデートとソフトウェアアップデートの間に自動的に適用

iOS16.5.1(a)に手動でアップデートする場合について

iOS16.5.1(a)に手動でアップデートする場合は、以下の手順でアップデートを実行することができます。手順そのものは通常のiOSアップデートと同じです。

また、iOS16.5.1(a)アップデートの適用を見送る場合は、次回以降のiOSアップデートを適用したタイミングで、iOS16.5.1(a)のセキュリティアップデートが自動的に行われます。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェアアップデートをタップ
  4. ダウンロードしてインストールをタップ

iOS16.5.1(a)からiOS16.5.1に戻す方法について

iOS16.5.1(a)は、セキュリティ対応アップデートとなっているため、アップデート適用後にアップデートそのものを削除し、iOS16.5.1に戻すことができます。

もしiOS16.5.1(a)で問題が発生した場合やバッテリーパフォーマンスが著しく低下した場合は、以下の手順でiOS16.5.1に戻すことを試してください。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 情報をタップ
  4. iOSバージョンをタップ
  5. 緊急セキュリティ対応を削除をタップ
  6. 削除をタップ
  7. パスコードを入力
  8. 「削除を準備中…」(数分程度)
  9. 今すぐ再起動をタップするか、一定時間経過すると自動で再起動が実行されます

iOS16.5.1(a)で発生・確認された不具合の情報

情報提供のお願いについて

iOS16.5.1(a)アップデートで不具合が発生した場合は詳細をコメント欄で共有して頂けると幸いです。なお、コメントは全て拝読していますが、不適切な言葉を含むコメントは取り下げ、伏せ字などで訂正し掲載する場合があります。コメント欄は承認制となっておりコメント欄に反映されるまで時間を要する場合があります。

iOS16.5.1(a)アップデート適用後、iOS16.5.1までに報告されている以下の問題が発生する可能性があります。

これらの中でも、システムサービスのソフトウェアアップデートにより、モバイル通信が大量に発生する問題は多くのユーザーから報告されているため、アップデート適用から数時間程度はWi-Fi接続を維持することをお勧めします。

  • システムサービスのソフトウェアアップデートにより、モバイル通信が発生する(対処:再起動を控える)
  • リンゴループが発生する(対処:ストレージの空き容量を整理する)
  • バッテリーの消耗が早くなる(対処:48時間以上待つ)
  • LINEなど一部アプリの通知がこない、開かないと通知がこない(対処:アプリの再インストール)
  • アップデート直後に画面が真っ黒、フリーズする(対処:iPhoneを強制再起動する)
  • ソフトウェアアップデート完了のメッセージが表示されたままフリーズする(対処:iPhoneを強制再起動する)
  • iPhoneがスリープになるとWi-Fiが切断される(対処:設定からWi-Fiの自動接続をオンにする)
  • エクスプレスカードでFace ID、パスワードを要求される(対処:エクスプレスカードの設定をオンにし直す)
  • モバイル通信の速度が低速、繋がらない(対処:SIMの再挿入、VPNのオフ、モバイルデータ通信をオンにし直す、iPhoneの再起動、ネットワーク設定のリセット)
  • 壁紙が真っ黒になる(対処:ロック画面とホーム画面の壁紙を再設定する、新しい壁紙を追加する)
  • 緊急速報が勝手にオンになる(対処:設定から緊急速報をオフにし直す)
  • 数日前のメールが消えた(対処:メールアカウントの受信設定、サーバーから削除を「しない」に変更する)
  • 勝手にアップデートされた(対処:自動アップデートをオフにする)
  • 「充電保留中 iPhoneが通常の温度に戻ると充電は再開されます」になる(対処:急速充電器、ワイヤレス充電器の使用を控え、通常の温度まで冷めたら、通常の充電器を使用する)
  • 通常の充電器(5V 1A)で充電できなくなった(対処:USB-C搭載の急速充電器、電源アダプタを試す)
  • 画面をタップしても反応しない(対処:iPhoenを強制再起動する)

著者情報

Ryo
こんにちは、「SBAPP」を運営しているRyoです。

Apple製品はiPhone 3GSから使い始め、国内でスマートフォンが急速に普及し始めた時期、iPhone 5が展開された頃から、主にiPhoneやiOSなどの使い方や不具合情報を10年以上にわたり発信しています。

現在はiPhoneやiOSの情報だけでは無く、SNSプラットフォームでの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、広範なテーマにわたる記事を書いています。

過去には「電気の見える化」に関するウェブアプリケーション開発、大規模システムの保守業務に従事していたことがあり、それらの経験を活かしてSBAPPを含むブログメディア等を運営しています。記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

コメント欄

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 『設定』アイコンにバッジが表示され、タップすると「セキュリティ対応あり」と表示されます。
    これをタップしても更新画面にはならず、「iOSは最新です」との表示が出てバッジは消えません。
    システムのバージョンを確認すると『(a)』のないiOS16.5.1となっています。
    更新が出来ていないように見えますが如何。
    なお、モバイル通信量が勝手に400MBも消費されるので、自動アップデートは『OFF』にしています。
    こちらも改善を望みたいです。

    • コメントありがとうございます。
      iOS16.5.1(a)が取り下げられたことによる問題かと思います。このコメント時点、iOS16.5.1(c)がリリースされているので、改めて設定アプリからアップデートを確認してみてください。

  2. 僕のiPhone16.5.1a表示されないです。(2023/07/11 14:31現在

  3. 「システムサービスのソフトウェアアップデートにより、モバイル通信が発生する」件、IOS.16.5.1でも再び発生しました。(+約0.4GB)
    16.5.1にアップデートしたのは7月1日頃、その後様子見でした。
    皆さんが気にしているように再起動後の発生リスクは高いと思いますが、私の場合、この発生にはもう一つルールがあるように思ってます。
    それは、「満充電状態でモバイル通信環境に出ると、この症状が発生するのでは」というものです。
    私の場合、Qi充電器に一晩かけっぱなしにした翌日(充電量100%)に過去2回発生しています。
    最近は満充電を避けて使っていましたが、昨夜はQi充電器に置きっぱなしにして寝たため、「でるかも」と思っていたら案の定発生しました。
    何かの役に立つかもと思い投稿します。

    • コメントありがとうございます。
      現在、iOS16.5.1(c)アップデートが配信されているので、まずはこちらのアップデートを適用することで改善しないか試してみてください。
      もしiOS16.5.1(c)でも引き続き問題が発生する場合は、記事に追記しておりますリンクよりiOS16.5.1(c)のリリース記事にアクセスし、そちらでコメント頂けますと幸いです。

コメントを投稿する(承認後に反映されます)

*

Return Top