SBAPP

【iPhone】iOS15.5でバッテリーの減りが早い、電源が落ちる問題の詳細と対処について

iOS15.5アップデート後、一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンスの低下が報告されており、「iOS15.5にしてからバッテリーの減りが早い」「iOS15.5で電源が突然落ちる」などの声が挙がっています。

iOS15.5はバッテリーの減りが早い、電源が落ちるとの声

iOS15.5アップデート適用後、一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンス(バッテリーの駆動時間)の低下が報告されており、Twitterなどで「iOS15.5のバッテリーの減りが早い」「電源が落ちる」といった声が多数挙がっています。

バッテリーパフォーマンスの低下を指摘する声が各所で増える

iOS15.5にアップデートしてからバッテリーの減りが早いといった声は、Appleサポートコミュニティでも挙がっており、一部の投稿には「私も同じ質問があります」とのアクションが400件を超えているものもあります。

I have update ios 15.5, i think the update good there another bugs for drain battery on my iphone Xr.

引用:Appleサポートコミュニティ

Hi,
iPhone SE gen2 about 11 months old, has been running like a Swiss clock since the beginning.
Did the iOS 15.5 update last week, battery health is 92%, but now the battery drain very fast, like30-40% in airplane mode with all apps closed at night.
Tried the usual reboot, long power/home press to clear the cache, logging out of icloud, etc
Please fix ASAP because those issue with battery drain every few updates are too frequent and make it looks like you do not internally test updates.
Thank you.

引用:Appleサポートコミュニティ

iOSアップデート後48時間はバッテリーの減りが早くなる

iOSアップデートを適用してから間もない場合、インストール済みのアプリや機能の調整(処理)の影響により、バッテリーを通常よりも多く消耗する場合があります。

バッテリーの消耗が多くなる期間としては、AppleサポートがiOSアップデートを適用してから48時間以内と案内しており、アップデート後から最大で2日程度はバッテリーが急激に消耗する可能性があります。

スポンサーリンク

設定アプリでバッテリーの状況を確認する

iOSアップデートから48時間以上経過してもバッテリーの減りが早い場合、以下の画面を確認してバッテリーパフォーマンスに関するメッセージ等が表示されていないか確認してください。

  • 設定バッテリーに「iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用されています。これによりバッテリーの持続時間に影響がある場合があります。」と表示されていないか確認する。

    • iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用~」が表示されている場合は時間をあけることで改善する場合があります。

  • 設定バッテリーバッテリーの状態に「バッテリーに関する重要なメッセージ」でバッテリー交換を推奨する案内が表示されていないか確認する。

    • バッテリーに関する重要なメッセージ」でバッテリー交換を推奨する案内が表示されている場合は、バッテリーの交換を検討してください。

  • 設定バッテリーのApp毎のバッテリー使用状況セクションに、使用時間に見合わない大量のバッテリーを消耗しているアプリがないか確認する。

    • アプリ側にバッテリーを多く消耗する問題がある可能性があります。App Storeで最新アップデートがある場合はアップデートの適用、無い場合は使用頻度を控えるなどして対処する必要があります。

またiPhoneの電源が突然落ちる場合は、設定バッテリーピークパフォーマンス性能に以下のメッセージが表示されていないか確認してください。もし表示されている場合はバッテリーの劣化が原因である可能性が考えられます。

この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…

バッテリー、アプリともに問題が見つからない場合について

バッテリーに関するメッセージ(「iOSをアップグレード中のためiPhoneは通常より多く使用~」、「バッテリーに関する重要なメッセージ」等)が表示されておらず、且つ大量にバッテリーを消耗しているアプリが無い場合は原因の特定が困難です。

時間と手間を惜しまないのであれば、iPhoneの初期化と復元を試すのも良いとは思いますが、復元後はバッテリーパフォーマンスが好調になったとしても、時間経過と共に悪化する可能性も考えられます。

iOSアップデートではバッテリーパフォーマンスの改善が行われることもあるので、現時点で問題なく普段使用できているのであれば、今後のiOSアップデートによる改善を待つことをお勧めします。

もしバッテリーの消耗を少しでも抑えたい場合は、Appleサポートコミュニティで推奨タグが付けられた設定の変更、使い方を参考にしてください。

  • 画面ミラーリングの使用を控える
  • iPhoneを低電力モードで使用する
  • iPhoneの自動ロックを1分に設定する
  • アクセシビリティ機能「自動で電話に出る」をオフにする
  • 使用していないアプリのプッシュ通知をオフにする
  • 画面の明るさを自動設定にする(設定>アクセシビリティ>画面表示とテキストサイズ>明るさの自動調節
  • コントロールセンターから手動で画面の明るさを暗くする
  • 長時間の映像ストリーミングは可能であれば他デバイスで視聴する(テレビなど)
  • 起動したアプリをマルチタスク画面から完全に終了しない(最小化した状態で使い続ける)
  • プライバシー位置情報サービスで、アプリの設定を可能な限り「使用中のみ」に変更する
  • メールの受信頻度(フェッチ)やカレンダーのデータ取得頻度を減らす
  • 設定一般Appのバックグラウンド更新で不要なアプリをオフにする
  • バッテリー残量が20〜30%になる前に充電する
  • Wi-Fi環境がある場合は積極的に利用する
  • モバイル通信やWi-Fi通信の電波強度が低い、圏外になる場合は機内モードを使用する
  • Wi-FiやBluetoothを使用していない場合はオフにする
  • 設定モバイル通信でWi-Fiアシストを有効にする
  • 設定バッテリーバッテリーの状態に交換を勧めるメッセージ等が表示されていないか確認する

iOS15.5で充電が遅い、バッテリー残量が増えない時の原因

余談になりますが、もしiOSアップデート後から充電速度が低下した場合は、モバイル通信時にiCloudバックアップを作成する機能「モバイル通信経由でバックアップ」がオンになっている場合があります。

モバイル通信経由でバックアップは、iOS15で実装された新機能の一つとなっており、iOS15未満からiOS15以降にアップデートした場合、モバイル通信経由は有効化された状態で提供されます。

モバイル通信経由でバックアップは電源に接続している間にのみ動作するため、電源(充電器、モバイルバッテリー)に接続している際の充電速度が遅いと感じる場合はこれが原因である可能性があります。

コメント(承認制)

*

Return Top