楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 14の新機能まとめ、アプリを自動整理するAppライブラリなどが注目

2020年6月23日、WWDC20(WWDC2020)で今秋リリース予定のiOS 14アップデートの情報が公開されました。本記事ではWWDCの基調講演で紹介された新機能を中心に紹介します。

ホーム画面をシンプルに管理できる「Appライブラリ」

iOS 14で追加される新機能「Appライブラリ」はホーム画面の最後のページに追加される新しいスペースで、インストール済みのアプリがカテゴリごとに自動整理されるようになり、これまでよりもホーム画面の管理が楽になります。

またAppライブラリの最上部には、インストール済みのアプリをABC順に表示される検索フィールドが設けられており、任意のアプリを直接検索して探すことも可能です。

Appライブラリのレイアウトは、上から順にiOSによりサジェストされたアプリ(既存のSIRIからの提案に近いもの)のフォルダ、最近インストールしたアプリをまとめたフォルダ、それに続く形でカテゴリごとに仕分けされたフォルダが並ぶ形になり、フォルダ内のアプリは頻繁に使うものから優先して並ぶようです。

ホーム画面でページの表示、非表示の切り替えができるように

iOS 14では、ホーム画面に表示されるページを自由に表示〜非表示と切り替えることができるようになります。

ページ表示有無の切り替え方法は簡単で、ホーム画面を編集モードにして下部にあるページ切り替えボタン(ドット)をタップし、ホーム画面に表示しないページのチェックを外すだけで非表示にできます。

先ほど解説したAppライブラリと組み合わせることで数百のアプリをインストールしている場合であっても、ホーム画面の1〜2ページ目は頻繁に使用するアプリ、3ページ目はAppライブラリによる自動整理画面のように、少ないページ数でアプリを管理できます。

ウィジェットの情報量が増え、ホーム画面に配置も可能

これまではホーム画面の1ページ目、Today(今日)に表示されていたウィジェットですが、iOS 14からはホーム画面に移動させて配置することもできるようになり、ウィジェット自体の大きさ(形)も選べるようになります。

また1つのスペースで複数のウィジェットをスワイプで切り替えたり、時間帯などによって推奨されるウィジェット(朝はニュース、午後はカレンダー等)が表示される新しいウィジェット「スマートスタック」も追加されます。

アプリ使用中も動画視聴やFaceTime通話が可能に

iOS 14ではiPadでも利用できるピクチャインピクチャがサポートされます。iPadと同じようにアプリ起動中も動画やFace Time通話を小窓で表示することができます。

またピクチャインピクチャの小窓が邪魔になった場合、外に向かってスワイプすることで音声のみの再生に切り替えることができるようになっています。

Siriがフルスクリーンからシームレスに移行

これまでSiriを起動すると専用画面がフルスクリーンで表示されましたが、iOS 14ではSiriが画面に溶け込むようなシームレスなデザインに生まれ変わります。また機能面でも強化が図られており、Safariで表示しているページ内の情報をリマインダーなどに追加することもできるようです。

スポンサーリンク

Appleによる翻訳アプリが追加

新しいアプリとして、英語や日本語など11の言語に対応した翻訳アプリが追加されます。テキスト翻訳だけでは無く、音声翻訳にも対応しておりiPhoneを介して直接外国の方とお話することも可能です。

メッセージアプリ、グループチャットが使いやすくなる

メッセージアプリ(iMessage)で複数の会話をしていると、重要なやり取り(メッセージ)が埋もれてしまうことがありますが、iOS 14では指定の会話を最上部に固定するピン留め機能が追加されます。

また複数人が参加している会話では、会話に参加している相手を名指しして返信ができるメンション機能が追加され、メンションに対してインライン返信ができるようになります。

ミー文字に20種類以上の髪型や帽子などが追加

iMessageなどで使えるミー文字に、新しく20種類以上の髪型や帽子、マスクなどの職業に関連するパーツ、年齢などの選択肢が追加されます。これまでよりも更に自分自身を表現できるようになります。

マップアプリに自転車ルート機能が追加※

マップアプリに新しく自転車での移動を前提とした自転車ルート機能が追加されます。自転車ルート機能では自転車専用道路、小道などがルート案内に含まれるほか、上り坂や平坦な道を優先するか等の選択肢も用意されます。またルート決定時には、マップ上に急な坂や階段を事前に知らせるアイコンが表示されます。

日本でも需要が高そうな機能ですが、まずはニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ ベイエリア、中国の上海、北京などで提供が開始され、その他の都市についても今後追加される見込とのこと。

アプリの主要機能をインストールせずに使えるApp Clip

店頭に置かれているQRコードやNFC、メッセージなどからアプリの主要機能を切り取ったようなミニアプリを即座に使うことができる機能です。日本であれば飲食店のクーポンを利用するためにApp Clipでミニアプリを起動、気に入ればフルバージョンをダウンロードするといった使い方が多くなりそうです。

関連記事【iPhone】iOS 14アップデートの対応機種一覧、iPadOS 14はiPad Air 2もサポート

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top