楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS14】「このパスワードはデータ漏えいで検出」の意味や原因、危険性について

iOS14のiPhoneでSafariやLINE等の一部アプリでログインする際に、警告「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがあるため、このアカウントは危険にさらされています。パスワードをすぐに変更したほうがよいでしょう。」が表示されるユーザーが増えています。

iCloudキーチェーンに追加されたパスワード監視機能

iOS14ではiCloudキーチェーンにパスワードの監視機能が追加され、iCloudキーチェーン(Safariでパスワードを自動入力する際などに使われる機能)に登録されているパスワードが漏洩している場合、警告「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがあるため、このアカウントは危険にさらされています。パスワードをすぐに変更したほうがよいでしょう。」が表示されるようになりました。

スポンサーリンク

リスクが高い状態なのでパスワードの変更を推奨

Apple公式サイトの説明を読む限りでは、警告「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがあるため、このアカウントは危険にさらされています。パスワードをすぐに変更したほうがよいでしょう。」は、使用しているパスワードが『侵害されたパスワードのリスト』に含まれる場合に警告が表示されるようです。

そのため、必ずしもIDやメールアドレスを含むアカウント情報そのものが漏洩しているとは限りませんが、パスワードリスト型攻撃の被害に遭うリスクが高い状態であることに変わりは無いので、警告が表示された場合は利用しているサービスでパスワードを変更することを強くおすすめします。

Safariはあなたが保存したパスワードを安全な状態で監視し、データの漏えいで侵害された可能性があるパスワードを自動的に調べます。強固な暗号化技術を使い、侵害されたパスワードのリストに対してあなたのパスワードの導出値を定期的にチェック。これはプライバシーを守る安全な手法で行われるため、あなたのパスワード情報はAppleも知ることができません。漏えいが検出された場合は、可能であれば「Appleでサインイン」へのアップグレードをサポートします。または、新しい安全なパスワードを自動的に生成します。

引用:Apple

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top