楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS14】背面タップできない時は対応機種を確認、iPhone7やiPhoneSE(第1世代)は未対応

iOS14アップデートでは、iPhoneの背面をタップするだけでショートカットの起動などができますが、iOS14アップデート済みのiPhoneでも機種機種によってはアクセシビリティに「背面タップ」が表示されない場合があります。

iOS14の背面タップ機能について

iOS14以降のiPhoneでは、本体背面をダブルタップもしくはトリプルタップすることでスクリーンショットやショートカットといった機能を起動することができます。

背面タップ機能機能を活用するとiPhoneの裏を「トントン」と叩くだけでPayPayなどの電子決済サービスを起動できることもあり、各所で話題になっている新機能の一つです。

iPhoneの背面を2度タップするだけでPayPayなどの電子決済アプリを起動、もしくは使用する電子決済アプリを選び起動するメニューを表示できます。

なお、Apple公式サイトのiOS14特徴ページでは、背面タップに関して以下のように説明されています。

背面タップ

アクセシビリティ機能が必要なユーザーが、便利なタスクをシンプルかつ簡単に行えるように作られました。iPhoneの背面をすばやくダブルタップ、またはトリプルタップして様々なアクションを実行するように設定できます。例えば、拡大鏡を開いたり、iPhoneがポケットの中にある時にVoiceOverを有効にしたり。コントロールセンターなどの一般的なシステム機能や、スイッチコントロールアクションなどのアクセシビリティに特化した操作に割り当てることもできます17。

スポンサーリンク

iPhone 8以降のみ対応、iPhone SE(第1世代)では利用不可

背面タップはiOS14にアップデートしたiPhone 8以降の機種のみ利用可能となっており、Apple公式サイトのiOS14特徴ページの補足事項(17番)に詳しい対応機種が記載されています。

17.iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxに対応します。

以下の機種は全てiOS14にアップデートできますが、背面タップ機能に関してはiPhone SE(第1世代)、iPhone 7以前の機種では利用することができません。

機種 背面タップのサポート
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE (1st generation)
iPhone SE (2nd generation) ○(※)
iPod touch (7th generation)

※追記 Apple公式サイトでは対応機種としてiPhone SE (第2世代)は記載されていませんが、実際には利用できるようです(恐らく記載漏れ)。コメントでの情報提供ありがとうございました。

関連記事【iPhone】iOS14でホーム画面のページを非表示にする方法、Appライブラリの使い勝手も向上

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも更新お疲れ様です。
    iPhone SE第2世代でも背面タップが使用可能である事を確認しました。
    公式サイトの記載漏れのようです。

    • コメント、情報提供ありがとうございます。

      確認しましたところ、仰るようにiPhone SE 第2世代であれば設定項目が表示されるようです。
      記事の該当部分に追記、及びiPhone SE2未対応との誤情報を訂正しました。

コメント(承認制)

*

Return Top