楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14.5のマスクを着けたままFace IDはロック解除のみ対応、Apple Payでは使用不可

iOS14.5及びwatchOS7.4では、マスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックを解除できる機能が追加されましたが、アップデートを適用したユーザーから「Safariでパスワード入力字のFace IDでは使えない」「Apple Payの顔認証に使えない」といった声が多く挙がっています。

マスクを着けたまま解除できるのは「ロック」のみ

iOS14.5及びwatchOS 7.4では、マスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックを解除できるようになりましたが、これはあくまで「Face IDによるロック」に限定された機能となっています。

Apple WatchでiPhoneをロック解除
* マスクを着けたままFace IDで認証するときに、Apple Watch Series 3以降を使用してiPhone X以降のロックを解除する機能

そのため、iCloudキーチェーン等によるパスワード自動入力、Apple Payなどの電子決済サービスの使用時に要求される通常のFace ID認証では、従来通りマスクを外して顔認証を済ませるか、パスコードを入力して認証する必要があります。

備考:マスクを着けたままFace ID(顔認証)ロック機能の必要環境

  • Face IDに対応したiPhone X以降のモデル
  • Apple Watch Series 3以降のモデル
  • iOS 14.5以降のiPhone
  • watchOS 7.4以降のApple Watch
スポンサーリンク

設定画面にもロックのみ解除できる旨の説明が記載

設定Face IDとパスコードには、今回追加された機能に関して以下のように「Apple Watchを介してiPhoneをロック解除できる」旨の説明が記載されています。

マスクを着用していてFace IDを顔を認識できないとき、Apple Watchへのセキュリティ保護された接続を使用してiPhoneをロック解除します。AppleWatchは、iPhoneとの通信範囲内にあり、手首に装着されていて、ロックが解除されており、さらにパスコードで保護されている必要があります。

現在もメディア等で「マスクを着けたままFace ID認証」といった見出しの記事が続々公開されていますが、正しくは「マスクを着けたままFace IDロックを解除できる」が正しいので、誤解しないよう注意してください。

機能の改善要望、フィードバックを送る

執筆時点では、Apple Pay使用時にはマスクを着けたままFace ID(顔認証)ロックを解除できる機能は使用できないため、従来通りパスコードの手入力などで対応する必要があります。

もし現状の仕様に不便を感じるのであれば、Appleにフィードバックを送信することで今後改善されるかもしれない。

関連記事【iOS14.5】アップデート内容や変更点の詳細、不具合や評判について

コメント&トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コンビニでマスクを付けたまま支払い出来なかった理由が納得できました。あくまでロック解除のみなんですね。

  2. Apple Watchを持っているなら、Apple payを AppleWatchに入れることをお勧めします。

    • コメントありがとうございます。
      仰るようにApple WatchでApple Payを済ませることを前提としているかと思います。
      ただ、店頭のリーダーによってはセキュリティ用の目隠し、感染防止の工夫等が施されている場合があり、設置場所によっては手首をかざすことが難しい場合もあるので、iPhoneでApple Payを済ませているユーザーも多い印象です。

コメント(承認制)

*

Return Top