楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS14.4でカメラに関する重要なメッセージが表示される問題と対処

iOS14.4アップデート以降、iPhone 12シリーズなどで修理の履歴が無いにも関わらず、設定一般情報にカメラに関する重要なメッセージ「このiPhoneで正規のApple製カメラが使用されていることを確認できません」が表示される問題が報告されています。

iOS14.4で追加された「カメラに関する重要なメッセージ」

iOS14.4では、非純正のカメラ部品などを搭載したiPhone向けに、純正カメラ及び正規の修理サービスを利用するよう警告するメッセージ「カメラに関する重要なメッセージ」が表示されるようになりました。

カメラに関する重要なメッセージ
このiPhoneで正規のApple製カメラが使用されていることを確認できません。
詳しい情報…

スポンサーリンク

修理履歴が無いのに「カメラに関する重要なメッセージ」が表示

カメラに関する重要なメッセージは、本来非純正カメラ部品などを使用した非正規の修理サービスを利用した際に表示される警告ですが、ごく一部のiPhoneで過去に修理履歴が無いにも関わらず警告が表示される事例Appleサポートコミュニティなどで報告されています。

My iPhone 12 Pro was purchased directly from Apple and has never been repaired. Why would I be receiving the message “Unable to verify this iPhone has a genuine Apple camera?”

Same issue here. I also have an iPhone 12 Pro bought directly from Apple and am getting this message. Never have I messed with the camera hardware.

I have an iPhone 12 Pro Max I purchased directly from Apple. I have not been able to use my camera FaceTime Snapchat Facebook messenger or any of those since 14.3

通常使用は問題なし、売却時には問題になる可能性も

執筆時点では純正カメラを搭載しているにも関わらずカメラに関する重要なメッセージが表示される原因はわかっておらず、iPhoneの再起動、初期化や復元といった基本的な対処で改善しないか確認し、改善しない場合はiOSアップデートによる対処を待つほかありません。

カメラに関する重要なメッセージが表示された場合でも、カメラそのものは機能するため通常使用する分には問題ありませんが、iPhoneを売却する際などにはマイナス査定、あるいは買い取り拒否となる可能性もありそうです。

もし純正カメラを使用しているにも関わらず「カメラに関する重要なメッセージ」が表示される場合は、Appleにフィードバックを送ることで、今後のiOSアップデートによる対処に役立てられる可能性があります。

コメント(承認制)

*

Return Top