楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Twitter公式アプリ「データセーブ」が正式追加 通信量の節約に効果あり

iPhoneやAndroid向けに提供されているTwitter公式アプリに、通信量の節約ができる機能「データセーブ」が正式に実装されました。

データセーブ機能は、今年5月頃に一部ユーザーのみ設定項目が表示されたことで話題になった機能です。

スポンサーリンク

通信量の節約に効果があるdataセーブ機能

今回Twitter公式アプリに追加された「データセーブ」を使用すると、タイムラインに流れてきた動画の自動再生がオフになり、画像は全て低解像度で読み込まれるようになります。

データーセーブ機能を有効化すると、Twitter公式アプリに追加している全てのアカウントで発生する、データ通信量を通常よりも減らすことができます。

Twitter公式アプリをApp StoreもしくはGoogle Playで最新バージョンにアップデートすると、設定とプライバシーデータ利用の設定データセーブのスイッチが表示されるようになります。

もしTwitter公式アプリをアップデートしたにも関わらず、データセーブの項目が表示されない場合は、Twitter公式アプリをマルチタスクから完全に終了させ、再起動することで表示されます。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top