SBAPP

【Instagram】「投稿で著作権侵害が見つかりました」乗っ取りDMの詳細と対処(2024年1月12日)

2024年1月頃から、InstagramでDM『アカウントに投稿された投稿で著作権侵害が見つかりました。』を受信するユーザーが増えています。DMに添付されたURLリンク先でユーザーネームやパスワードを入力してしまうと、不正アクセス(乗っ取り)に遭う恐れがあるため注意してください。

乗っ取りDM「アカウントに投稿された投稿で著作権侵害が見つかりました」が急増

2024年1月頃から、Instagramの投稿に著作権侵害が見つかったとする乗っ取りDM、『アカウントに投稿された投稿で著作権侵害が見つかりました。』を受信するユーザーが増えています。

DMに記載されたリンク先は、Meta社を装ったフィッシング詐欺サイトとなっており、このウェブサイトでInstagramのユーザーネームやパスワードを入力してしまうと、アカウントが不正アクセス被害(乗っ取り)に遭う恐れがあります。

なお、DMの送信元のプロフィールアイコンには、Meta社やInstagramのロゴが悪用されているケースがあります。プロフィールアイコンの有無や種類だけで、DMを本物と誤解しないよう注意してください。

※ Instagramから配信される正規のメールは、Instagramアプリ内のアカウントセンター(メニュー (≡)設定とプライバシーアカウントセンターパスワードとセキュリティ最近のメール)で確認できます。

リアルタイムヘルプ|著作権ヘルプ

こんにちは、

アカウントに投稿された投稿で著作権侵害が見つかりました。
著作権侵害が間違っていると思われる場合は、ご意見をお寄せ下さい。

それ以外の場合は、48時間以内にアカウントが停止されます。次のリンクを使用してコメントを送信できます。

https://○○○

ライブサポート担当者
○○.○○
○○.○○

著作権に関するサポートについて

ご利用のアカウントにおいて、投稿内容において著作権の侵害が検出されました。

もし著作権侵害の判定が誤っているとお考えの場合は、フィードバックをお寄せください。

フィードバックがいただけない場合、アカウントは48時間以内に一時的に閉鎖される可能性がございます。

フィードバックフォームの取得に関しては、お手数ですが直接メッセージにてお知らせください。

Instagram サポートチーム

インスタのユーザーネーム、パスワードを入力しないよう注意

Meta社を装ったフィッシング詐欺サイトでは、『あなたのアカウントで著作権に関する問題が発生しました。これが間違いであると思われる場合は、フォームからご連絡ください。(原文英語)』といった案内が表示されます。

このページには、偽のログインボタン(Log In with Instagram Appeal From)が用意されており、遷移先のフォームでInstagramのユーザーネームやパスワードを入力してしまうと、乗っ取り被害に遭う恐れがあるので注意してください。

また、Instagramアカウントで2段階認証を設定している場合は、2段階認証コードの入力が求められる場合があります。自身の操作で2段階認証コードを入力~送信してしまうと、保護されているアカウントであっても乗っ取られる恐れがあります。

Hello Dear User, We have encountered copyright complaint in your account, copyright infringement due to Community rules is against our trajectory, if you think this is a mistake, please contact us via the appeal form.

インスタアカウントが乗っ取り、ログインできない時の対処

Instagramアカウントが乗っ取られてログインできなくなった場合は、以下の手順でログインリンクをメールで受け取るか、Instagram公式サイトからInstagramサポート(アカウントに不正アクセスされた)を受けるようにしてください。

  1. Instagramアプリを開く
  2. ログイン画面でパスワードを忘れた場合をタップ
  3. ユーザーネームを入力してアカウントを検索をタップ
  4. パスワードを忘れた場合をタップ
  5. メールでコードまたはリンクを取得もしくはSMSでコードまたはリンクを取得をタップ
  6. 受け取ったリンクからログイン、パスワードをリセットする ※画面に表示されるメールアドレス、電話番号が自分のものと一致することを確認してください。

インスタのパスワード等を入力してしまった時の対処

フィッシング詐欺サイトで、Instagramアカウント(ユーザーネーム、パスワード等)を入力してしまったものの、まだスマートフォン等からログインできる場合は、すぐにパスワードを変更してください。また2段階認証を設定していない場合は、こちらも設定することをお勧めします。

パスワードの変更後は、連絡先情報(メニュー (≡)設定とプライバシー→アカウントセンター個人の情報)で登録メールアドレスと電話番号が変更されていないか確認してください。

その後、アカウントセンター(メニュー (≡)設定とプライバシーアカウントセンターアカウント)で不審なアカウントがリンクされていないか確認し、不審なアカウントが見つかった場合は削除をタップしてください。

最後にアプリとウェブサイト(メニュー (≡)設定とプライバシーウェブサイトのアクセス許可アプリとウェブサイト)でアプリ連携を見直し、不審なアプリとの連携を解除するようにしてください。

著者情報

Ryo
こんにちは、「SBAPP」を運営しているRyoです。

Apple製品はiPhone 3GSから使い始め、国内でスマートフォンが急速に普及し始めた時期、iPhone 5が展開された頃から、主にiPhoneやiOSなどの使い方や不具合情報を10年以上にわたり発信しています。

現在はiPhoneやiOSの情報だけでは無く、SNSプラットフォームでの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、広範なテーマにわたる記事を書いています。

過去には「電気の見える化」に関するウェブアプリケーション開発、大規模システムの保守業務に従事していたことがあり、それらの経験を活かしてSBAPPを含むブログメディア等を運営しています。記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

コメントを投稿する(承認後に反映されます)

*

Return Top