楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Googleマップ】経路案内が英語表示になる不具合が発生 2019年1月3日

スポンサーリンク

2019年1月3日14時現在、Googleマップ(グーグルマップ)で経路案内の駅名が英語表示になる不具合が発生しています。

影響範囲はiPhoneやAndroid向けにリリースされているGoogleマップアプリ、PCやスマホで閲覧できるウェブ版Googleマップなど、Googleマップ全般で不具合が生じているようです。

経路案内の一部が英語表示になる不具合

2019年1月2日頃から「経路案内が英語表示になった」との声が挙がり始め、執筆時点の1月3日では多くのユーザーから「突然英語表示になった」「直せない」「iOS12.1.2のバグ?」等の声が急激に増加しています。

アプリ版Googleマップの利用者からの声が多いようですが、ウェブ版Googleマップも同様に経路案内の一部(駅名、列車の車両名)が英語表示になっているようです。

スポンサーリンク

アプリの再インストールなどはせず改善まで待機

今回の経路案内の一部が英語になる不具合は、プラットフォームを問わず発生していることから、Googleマップ側で何らかの問題が生じている可能性が高いです。

対処法としては、アプリの再インストールや設定の変更などはせず、不具合が改善されるまで待つ必要がありそうです。

また一部ではiOS12.1.2の不具合を疑う声もみられますが、Googleマップ側の問題となるので、初期化〜復元などはしないよう注意してください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top