楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】センシティブな内容のツイートが見れない時の対処方法

スポンサーリンク

今回はiPhone版の公式Twitterアプリで、画像や動画を含むツイートが「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示されツイートが見れない時に、センシティブなツイートを表示する方法について解説します。

センシティブなツイートが見れない時の表示設定方法

タイムラインなどに表示されたツイートが「センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートです」と表示され、ツイートの内容が表示されない場合は次の手順で表示することができます。

  1. タイムラインなどに表示されたセンシティブなツイートをタップし、ツイート画面で設定を変更をタップ。

  2. Twitterアプリを開かずに今すぐ設定を変更したい場合は、手順「1」を無視してこちらのボタンをタップ。
    Twitterで「プライバシーとセキュリティ」設定画面を開く
  3. センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです
    表示するには、センシティブな内容のメディアに関する設定を変更します。これは、アカウントの[プライバシーとセキュリティ」設定の[セキュリティ]セクションにあります。
    設定を変更

  4. SafariなどのブラウザアプリでTwitterのログイン画面が開くので、ユーザー名とパスワードを入力してログイン。

  5. 画面を下にスクロールして、セキュリティセクションのセンシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示するにチェックを入れる。

  6. ブラウザを閉じてTwitterアプリに切り替えると、先ほどまでは表示されなかったツイートが表示されます。

スポンサーリンク

(備考)自分のツイートが全てセンシティブな内容になる場合

もし自身のツイートが全てセンシティブな内容になる場合、以下のボタンからTwitterの「プライバシーとセキュリティ」設定画面を開き、ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定するのチェックを外してください。

Twitterで「プライバシーとセキュリティ」設定画面を開く

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top