SBAPP

【X(旧Twitter)】勝手にリツイート・リポストする問題の原因と対処(2024年1月20日)

2024年1月頃から、X(旧Twitter)で見覚えのない海外アカウントのポストを勝手にリツイート・リポストする事例が増えています。ユーザーからは「勝手にリポストされている」「勝手にRTされた」といった声が挙がっています。

勝手にリツイート・リポストされる事例が増加

2024年1月頃から、X(旧Twitter)で見覚えのないポストを勝手にRT・リポストする事例が増えています。この問題を報告するポストを見る限りでは、海外アカウントの投稿をリポストすることが多いようです。

連携アプリによって勝手にRT・リポストされる

勝手にRT・リポストされた場合は、『ポストやリポストの権限を許可している連携アプリ』によって、RT・リポストされている可能性があります。

とくに診断アプリと呼ばれるものの中には、ツイートの送信や削除の権限アカウントのフォローやアンフォローの権限等を要求するものがあり、意図せずRT・リポストされる可能性があるので注意してください。

このアカウントでツイートを送信および削除する、他のアカウントのツイートをエンゲージメント(いいね、いいねの取り消し、ツイートへの返信、リツイートなど)する。

他のアカウントをフォロー、フォロー解除する。

連携アプリの見直しと連携解除する手順

自身のアカウントが勝手にRT・リポストした場合は、以下の手順で全ての連携アプリを見直すようにしてください。ツイートの送信や削除の権限を必要とする診断アプリはもちろんですが、使用していない連携アプリは全て解除することをお勧めします。

X(旧Twitter)で連携アプリを解除する手順
  1. Twitterアプリでホームを開く
  2. 左上のプロフィールアイコンをタップ
  3. 設定とサポートをタップ
  4. 設定とプライバシーをタップ
  5. セキュリティとアカウントアクセスをタップ
  6. アプリとセッションをタップ
  7. 連携しているアプリをタップ
  8. 連携を解除したいアプリをタップ
  9. アプリの許可を取り消すをタップ
※ ブラウザ版X(旧Twitter)を利用している場合は、こちらのリンクからアプリ連携を解除できます。

見覚えのないアカウントをフォローしていないか確認する

スパムアプリによって勝手にRT・リポストされた場合、連携アプリによって見覚えのないアカウントを勝手にフォローしているケースがあります。

そのため、連携アプリの解除後はフォローリストに見覚えのないアカウントが増えていないか確認することをお勧めします。不審なアカウントが見つかった場合はフォローの解除、ブロックするようにしてください。

関連記事【X(旧Twitter)】外国人を勝手にフォローする問題の原因と対処について

著者情報

Ryo
こんにちは、「SBAPP」を運営しているRyoです。

Apple製品はiPhone 3GSから使い始め、国内でスマートフォンが急速に普及し始めた時期、iPhone 5が展開された頃から、主にiPhoneやiOSなどの使い方や不具合情報を10年以上にわたり発信しています。

現在はiPhoneやiOSの情報だけでは無く、SNSプラットフォームでの障害や不具合、フィッシング詐欺メール・SMSに関する注意喚起など、広範なテーマにわたる記事を書いています。

過去には「電気の見える化」に関するウェブアプリケーション開発、大規模システムの保守業務に従事していたことがあり、それらの経験を活かしてSBAPPを含むブログメディア等を運営しています。記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

コメントを投稿する(承認後に反映されます)

*

Return Top