SBAPP

【Instagram】セキュリティコード(認証コード)のSMSが届かない問題の詳細と対処

2022年9月頃より、Instagramで2段階認証のセキュリティコード(認証コード)が届かない問題が生じており、一部のユーザーから「インスタでSMS認証できない」「セキュリティコードが届かない」といった声が増えています。

セキュリティコードのSMSが届かない事例が急増

2022年9月頃より、Instagramにログインする時や異議申し立てをする際、セキュリティコード(認証コード)の入力を要求される場合がありますが、このセキュリティコードがSMSで届かない事例が増えています。

セキュリティコードを繰り返し発行すると24時間制限

セキュリティコード(認証コード)を繰り返し発行してしまうと、下記エラーが表示されセキュリティコードの発行が24時間程度制限されることがあります。

SMSコードの上限に達しました:リクエストできるSMSコードの上限に達しました。次のコードを受け取るには24時間待つ必要があります。

スポンサーリンク

認証コード発行時に電話番号の入力を要求される

2段階認証設定時など、認証コード発行時に電話番号の入力を要求される場合は、入力ボックス左横の「US +1」をタップして「JP +81」に変更し、電話番号の入力欄には頭文字の「0」を抜いた電話番号を入力してください。

例:電話番号が「090-1234-5678」の場合 ➾ 「+81 | 9012345678」

認証コードがSMSで届かない時は時間をあけて再度試す

2022年9月以降、Instagramが発行するセキュリティコード(認証コード)の発行・受信が不安定になることが多く、セキュリティコードを受信できない場合は24時間以上時間をあけ、再度試すことでセキュリティコードを受信できる場合があります。

もし時間をあけてからセキュリティコードを発行しても届かない場合、繰り返しセキュリティコード発行すると前述したエラーになる可能性があるため、何度もコードは発行せずに時間をあけてから試すようにしてください。

また筆者環境では、直近に受信した認証コードが未使用(有効期限内)の場合は新しい認証コードが届かないことがあり、受信済みの直近の認証コードが使えることがありました。

※ Instagramで2段階認証設定した際に表示された「バックアップコード」の控え(スクリーンショット、メモ等)がある場合は、それを代わりに入力することでログイン・認証できる可能性があります。

※ 契約している携帯キャリア公式サイト(マイページ等)でSMSの受信拒否設定等を確認し、受信拒否設定になっている場合は一時的に解除してください。

アカウントが凍結(閉鎖)され異議申し立てする場合について

Instagramのアカウントが完全に凍結(閉鎖)され、セキュリティコード(認証コード)の不達等により異議申し立てできない場合は、ブラウザからアクセスできるInstagramヘルプセンター「Instagramアカウントが閉鎖された]から異議申し立てを送るようにしてください、

コメント(承認制)

*

Return Top