SBAPP

【Instagram】「不審なログイン試行が検知されました」が急増、不正アクセス被害に注意

2022年2月末頃より、Instagram(インスタ)で通知「不審なログイン試行が検知されました」を受信するユーザーが急増しているので注意が必要です。

通知「不審なログイン試行が検知されました」が急増中

2022年2月末頃より、Instagram(インスタ)でアカウントに対する不正アクセスの試行が相次いでおり、SNSで通知「不審なログイン試行が検知されました」を受信したとの声が急増しています。とくにロシアやキエフのIPアドレスからログイン試行を受ける事例が多いようです。

スポンサーリンク

不正アクセスに失敗した時にも届くセキュリティ通知

Instagramの通知「不審なログイン試行が検知されました」は、Instagramがログイン地点や使用デバイス等の情報から不正アクセスの恐れがあると判断された場合に届くアカウント保護機能の一つです。

例えば、普段は北海道からログインしているにも関わらず、突然東京から使用したことの無いデバイスでログインを実行した時などにも届く可能性もありますが、その多くは第三者がアカウントに対して不正アクセスを試みた際に届くことが多いです。

必要に応じてパスワード変更、2段階認証を設定する

通知「不審なログイン試行が検知されました」が届いた場合、通知内にある「私です」をタップしない限りは第三者はログインできないので、基本は「私ではありません」をタップし通知を無視して構いませんが、以下に当てはまる場合はパスワードの変更や2段階認証の設定を強くお勧めします。

  • 他のサービスで使用しているパスワードを使いまわしている
  • 予測されやすいパスワードを使用している(連続した英語や数字、生年月日、氏名など)
  • パスワードのセキュリティレベルが低い(英語だけ、数字だけ、大文字小文字が混在していないなど)

なお、パスワードの変更はInstagramアプリの設定→セキュリティ→パスワード、2段階認証は設定→セキュリティ→二段階認証から設定できます。

コメント(承認制)

*

Return Top