楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】電話で声が「遠い」「小さい」と言われる時の対処方法

cat (2)
スポンサードリンク

iPhoneで電話をしていると相手から声が「遠い」「小さい」と指摘された時に原因を見つける方法を解説します。
メインのマイクはiPhone下部のイヤフォンジャック横(iPhone6 / Plusの場合)にありますが、他にも重要な働きをしているマイクが2つ搭載されています。
声が「遠い」「小さい」といった一番考えられる原因は、この3つのマイクのいずれかがケースなどで覆われてしまっている場合です。

考えられる原因

まずは、iPhoneに搭載されている3つのマイクがしっかりと集音できる状態になっているか確認する必要があります。

メインメイク

底面のイヤフォンジャック横にある穴が声を集音するメインマイクです。
iPhone 6 / Plusであれば以下のような丸い穴で、iPhone 5系なら小さな丸が10個空いています。
th_IMG_1061

ケースを普段装着しているのであれば、メインマイク部分がケースに覆われていないか確認してください。
私の使用しているケースであれば、メインマイク用の小さな穴が空いています。
th_IMG_1067

ノイズキャンセリング(前面)

受話口内部にノイズキャンセリング用のマイクが搭載されています。
th_IMG_1063

画面保護フィルムなどを貼っている場合は、受話口にフィルムが重なっていないか確認してください。
th_IMG_1069

ノイズキャンセリング(背面)

背面のカメラとフラッシュの間にある小さな穴がノイズキャンセリング用の背面マイクです。
th_IMG_1065

こちらもケースを装着している場合は、しっかりとマイク周辺に空間が確保されているか確認してください。
th_IMG_1071

持ち方の問題

私の場合は、搭載されているマイク3つについては全く問題が無く、声が遠いのはiPhone 6 Plusが縦に長く大きい為に、受話口を耳に当てた時に口とマイクの距離が根本的に遠いことが原因でした。
th_IMG_1073
通話中にiPhone下部を外側に反らすような癖があるのであれば、一度マイクを意識してiPhone全体を顔に寄せて通話してみてください。

故障チェック

もし紹介した方法が全て駄目だったのであれば、一度iPhoneからケースなどを外して、標準アプリのボイスメモで声が正しく録音されるか確認してみてください。
もし録音中に波形が一切表示されず自分の声を一切認識しないのであれば、マイク自体の故障の可能性が考えられるので、AppleサポートやApple Store ジーニアスバーにiPhoneを持ち込んで判断を仰いでみてください。
th_IMG_1228 (1)

つぶやき

kogoto_prof
ケースを買う時はしっかりと3つのマイクが集音できるデザインか確認してから買うようにしましょう。
特に手帳型ケースだと背面のノイズキャンセリングマイクが完全に塞がれており、声が聞こえづらくなってしまうケースがあります。
私の母親がそのパターンでした。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPhoneアプリの「(伏せ字)」がこの記事をパクっています。

    ※ 一部伏せ字にしました(管理者)

    • ご報告ありがとうございます。
      確認してみましたところ、リンクも貼られておりますので「引用」といった形で認識しております。
      ただ、引用だとしても引用の許容範囲を超えているような気もしたので、何かもどかしい気持ちもありますが(´ε`;)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top