楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】DMの通知が消えない、表示されない時の対処方法

スポンサーリンク
【Twitter】DMの通知が消えない、表示されない時の対処方法

今回はTwitterアプリでDMタブの通知件数(1など)が消えない、DMが表示されない時の原因と対処方法について解説します。

原因としてクオリティフィルターなどの設定、もしくは不具合によりDMの通知が消えない可能性が考えられますが、不具合の場合は自分にDMを送信することで改善する場合があります。以下詳細です。

DMを受信すると「1」などの通知バッジが表示

TwitterではユーザーからDM(ダイレクトメッセージ)を受信すると、DMタブに受信件数を表す「1」などの通知バッジが表示されます。

通常はDMタブでタブをタップして受信トレイを確認すると通知バッジが消えますが、DMタブをタップしても通知バッジ「1」などが消えないことがあります。

DMタブから通知バッジが消えない

DMのリクエストタブを確認する

プライバシー設定の「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」がオンの場合、フォローしていないアカウントから届くDMはリクエストタブに格納されます。

DMタブの通知バッジはリクエストの受信件数も含まれるため、フォローしていないアカウントからのDMによって通知バッジが表示されている場合はリクエストタブを開くことで通知バッジを消すことができます。

DMのバッジにはリクエストの件数も含まれる

補足:DMのリクエストタブが表示されない場合

DM画面にリクエストタブが表示されない場合、DM画面右上の設定ボタンすべてのアカウントからメッセージを受け取るをオンにすると表示されるようになります。

DMタブは「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」がオンの場合のみ表示

スポンサーリンク

クオリティフィルターの設定を確認する

プライバシー設定のすべてのアカウントからメッセージを受け取るがオンにすると、不適切なDMを除外することができます。

通常はオンにしておいて問題ない機能ですが、稀に個人や企業アカウントから届くDMが不適切なものとして判断され、DMが表示されずバッジのみ表示されることがあるので、DM画面右上の設定ボタンからクオリティフィルターをオフにして改めてDMのリクエストタブを確認してみてください。

クオリティフィルターによってDMが非表示になる

自分にDMを送信すると通知バッジが消えることがある

Twitterの不具合によりDMに通知バッジが消えない場合、自分にDMを送信することで通知バッジが消える事例が報告されています。

DM作成ボタンをタップし、「送信するアカウントやグループを検索」で自分の表示名やTwitter ID(@以降の英数字)を検索し、適当なメッセージを入力、送信してみてください。

自分にDMを送信する手順

モバイル版Twitterサイトでもリクエストを確認できる

もしTwitterアプリのバージョンの問題などにより、DMのメッセージリクエストを確認できない場合は、モバイル版Twitter(https://mobile.twitter.com)でも確認することができます。

モバイル版Twitterへのログイン

DMのメッセージのリクエストを受信している場合、DMボタンに表示されるメッセージリクエストをタップすると内容を確認できます。

モバイル版Twitterでリクエストを確認

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top