楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【2014年】電車の優先席付近での電源OFFの必要が無くなるかも?

2013年12月25日に総務省が電車優先席付近でのLTE電波の携帯を使っても問題は無いと発表しました。

技術も進化し、携帯の電波は4G(LTE)になりました。
以前まで心臓ペースメーカーに強い影響があるとされていたのは、2G(低速通信)の電波でした。
この2Gは去年の7月にサービスが終了しています。
4Gに限らず、3Gも現在は高速通信技術が採用されている為、総務省が指針を緩和するよう動き始めました。

変化

緩和といっても、完全に密着させても大丈夫という訳ではありません。
以前は22センチ以上離すようにとされていましたが、15センチ以上となるようです。
意図的に密着させようとしない限りは、電源をオフにせずとも問題が無い距離だと思います。
2G電波とペースメーカーへの影響について気になる方は、Googleで検索してみてくださいね。
Google検索:2g 電波 ペースメーカー

スポンサーリンク

これから検証?

鉄道会社によっては「証明されるまで指針を変更しない」としている会社もあるようで、今後実験検証が行われる事になると思います。
優先席付近での携帯電話の使用を控える思いやりはとても大事ですが、影響されないとされた物にも注意しすぎるのは考えなおすべきなのかもしれないですね。
今後各鉄道会社の動向を要チェックです!

参考:mee-i

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top