楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【リアルタイム更新】Apple新製品発表イベントが日本時間9月10日午前2時に開催! ※更新終了

いよいよiPhone 6sやiPad Proの発表がされるであろうApple新製品発表イベントが日本時間9月10日午前2時に開催されます!
SBAPPでは、この記事でイベントの様子をリアルタイムに更新していち早くお伝えしていきます。
今回のイベントではiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPad Pro、Apple TV第4世代、iOS 9などの情報が発表される見込みです。
今までこれら製品の様々な噂が流れていましたが、中でもiPhone 6sに関する噂は非常に多く、メモリが2GBになる件ForceTouchが搭載される..などが話題となっていました。
また直近であれば、Apple TV(第4世代)が据え置きゲーム機と競合する製品になり得る可能性なんて噂もありましたよね。

Apple 新製品発表イベントの模様(リアルタイム更新)

リアルタイム更新待機中です!(01:22)
※ なるべく重要な情報に抜けが無いよう心かけながらリアルタイム更新を行いますが、個人(一人)でリアルタイム更新を実施する為、情報に抜けが生じる場合が御座いますのでその点だけはご了承願います。

01:53 間もなく発表が始まります。

02:04 ティム・クック氏登壇

02:07 Apple Watchの話題から

02:09 Apple Watchアプリのシステムへのアクセス範囲が広くなり、これまでは利用できなかったようなアプリもApple Watchで利用が出来るようになる。

02:12 新たにAirstripアプリが追加。妊婦さんの様々な健康状態(心拍数他)を簡単にチェックが出来るようになり、お腹の中の赤ちゃんの心拍数を聴くことや計測も可能になる。

02:14 Apple Watchにエルメス社製のバンドとWatchフェイスが発売される。

02:16 AppleWatchに新色ゴールド、ローズゴールドの追加、バンドに新たにブラックスポーツバンドやレザーバンド、Product REDのバンド(赤)が追加。

他にも様々なカラーのバンドが追加され、9月16日にWatchOS2がリリースされる。

02:19 話題はiPadに。

iPad Pro発表。

02:03 ディスプレイの話から。サイズは12.9インチ。

5.6Mピクセルでより映像はより美しく。

A9チップ搭載。

ポータブルPCと比べ、CPU80% GPU90%パフォーマンスが高い端末に。

バッテリーパフォーマンスが大幅向上

スピーカーは4つ搭載

厚さはiPad Airよりも少し厚く、重さは初代iPadと同じぐらい。

02:31 AppleからiPad向け折りたたみ式キーボードが発売。

Appleペンシル発表。感圧タッチ搭載。

遅延も非常に少なく、ペンの傾きも再現できる。
Lightning端子でペンの充電ができる。

OfficeアプリもAppleペンシルをサポート。ドキュメントに手書きで書き込みが出来る。

iOS9のマルチタスク機能で、Excelの表をWordにコピーするなどの操作が可能になり、生産性が大幅向上。

02:43 AdobeからiPad Pro向けアプリ(Photoshop Fix)などがリリース。Photoshop Fixは顔認識機能付きでスムーズな写真加工が可能。

医者や医学生向けの患者に疾患をグラフィカルでわかりやく伝えることができ、解剖学が非常にわかりやすくなるアプリがリリースされる。

2:50 iPad Proのスペックまとめ。A9チップ、12.9インチディスプレイ、バッテリーの持続性(10時間)

32GB(Wi-Fi)が799ドル、128GB(Wi-Fi)が949ドル、128GB(Wi-fi+Cellular)が1,079ドル

Appleペンシルは99ドル、スマートキーボード(iPad外付けキーボード)は169ドル

発売日は11月。

iPadは様々な価格で提供。

02:55 話題はAppleTVへ

新型AppleTVのPV放映。

03:00 リモコンにはタッチパッドとマイクが搭載。AppleTVをスワイプやSiriなどで操作が出来る。

AppStoreやApple Musicにも対応。

Siriを使って指定した俳優が出演している映画などの検索ができる他、視聴中に「今の部分なんていったの?」と伝えると自動で巻き戻してくれる。

Siriに出演者情報を聞けることができ、映画の視聴中であっても天気予報などの情報を聞くことができる(その間は映画は自動一時停止される)

Apple TVでは様々なゲームを楽しめる。

人気ゲームクロッシーロードもAppleTV用に登場。マルチプレイにも対応。

リズムゲームも登場。 (個人感想:家庭用ゲーム機として十分成り立ちそう。)

GILTからiPad Pro向けにファッションショッピングアプリがリリース。「結婚式向け」など場に応じたファッションを簡単に見つけることも出来る。

スポーツの試合結果の確認なども出来るように。

野球チームの動向などのチェックも出来る。

ユニバーサルアプリ(ゲーム)であれば、外出先はiPhoneで遊び、続きはAppleTV(自宅)で..といったことも可能。

リモコンはBluetooth4.0搭載、バッテリーは3ヶ月持続。Lightning端子での充電が可能。

32GB 149ドル。64GB 199ドル。

発売は10月頃予定。Apple TV OS 「tv OS」が本日からデペロッパ向けに配信。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus発表。

新色ローズゴールドを含んだ4色のカラーバリエーション。

3D Touch(感圧タッチ)搭載へ。

3D Touchにより、アプリの様々な機能にショートカットアクセスが出来るようになる。

メールを開かずに、3D Touchで簡単にメールをプレビュー表示などができる。

ホーム画面からアプリの各機能にアクセスができる。

3D Touchはサードパーティ製アプリでもサポート可能。

CPUにはA9チップが採用。

CPUはこれまでよりも70%パフォーマンスが向上。

GPUはこれまでよりも90%向上。

これまでのiPhoneでは出来なかった処理も可能になった。またゲームでも3D Touchをサポートすることが可能。

いつでもHey Siriを利用できる。

12メガピクセルのiSightカメラ搭載。

色彩がより豊かになる。

実際にiPhone 6sで撮影した写真を紹介。

自然光だけでも美しく鮮明な写真が撮影できる。

800万ピクセルの4Kビデオの撮影にも対応。

FaceTimeカメラは5メガピクセル。

スルートーンフラッシュに対応。FaceTimeカメラでもディスプレイを使うことでフラッシュを実現。

写真を3D Touchすると、撮影時の情景が動画再生されるLive Photoに対応。Live PhotoのAPIはデペロッパも利用可能。

Live Photoはカメラ上部の黄色いオプション(デフォルトではオン)を有効にするだけで、通常の写真撮影をするだけでOK。

LTE(対応バンド数23)高速化、Wi-Fi通信速度高速化。

AndroidからiPhoneへの乗り換えアプリをリリース。

3D Touch搭載などスペックまとめ。

iPhone 6sの価格はiPhone6据え置き。

iPhoneアップデートプログラム(毎年最新のiPhoneに機種変更出来るプラン)が米国で展開。月額別途32ドル。

予約は9月12日、販売は25日。

iOS9は9月16日リリース。

iCloudストレージのアップグレード価格が値下げ。

イベントの最後はライブで。

2曲目「iPhone6s 素晴らしい」(オリジナル?)

以上でApple新製品発表イベントは終了しました。
今回は発表内容が非常に多く、かなり進行が急ぎ足でしたね。
あまりにも展開が早く、時刻の記入が間に合わずごめんなさい。m(_ _)m
これから発表内容のまとめ記事を作るので、公開次第コチラの記事にもリンクを追加します。
約2時間20分と長丁場でしたが、お疲れ様でした!

スポンサーリンク

Apple新製品発表イベントの視聴方法


Appleは今回の新製品発表イベントを こちらのページ(http://www.apple.com/apple-events/september-2015/)でストリーミング配信を行います。
以下のいずれかのスペックを満たしているのであれば、誰でも無料で視聴が可能です。

  • iOS 7.0以上がインストールされたiPhone、iPad、iPod touchのSafari
  • OS X v10.8.5以上がインストールされたMacで、バージョンが6.0.5以上のSafari
  • Apple TV software 6.2以上がインストールされた、第2世代か第3世代のApple TV
  • Windows 10がインストールされたPCのブラウザ「Edge」

…それでは、また深夜2時頃にお会いしましょう・・!

小声)寝落ちしないように仮眠とるのもお忘れずに!

画像出典元:Apple Events

コメント(承認制)

*

Return Top